アドレスへの入り手で向きを矯正する。

アドレスへの入り手で向きを矯正する。

アドレスの向きがズレていたことで、あらぬ方向へ球が飛び出していったり、ベクトルが合っていないせいでスイングが徐々に壊されていったりと、コースでは、正しくアドレスをしているつもりでも練習場のようにはアドレスがしづらいのが実状です。それではどうしたら正しくアドレスを取ることが出来るのでしょう。今回は“アドレスへの入り手で向きを矯正する”というお話です。

コースは練習場と違って大なり小なりアップダウンの傾斜地になっています。それ故に練習場では正しくアドレス出来てもコースでは上手くアドレスできないといったことが起きるのは仕方のないことですが、正しくアドレスできない人の共通点のひとつとしては目線と上半身の合わせ方が上手くいっていないということです。

ゴルフはターゲットゲームになるので、目線と上半身の合わせ方が上手くいっていないとスイングのポテンシャルを落とすことにもなりかねません。そのためにも上手くいかせたいものですが、そのためには目線と上半身の合わせ方を入り手で矯正するようにしていきましょう。傾向によって入り手は変わりますが、矯正する手法として取り入れてルーティーンとしていければ、いつも正しい向きでアドレスすることが出来るようになります。

入り手の手法としては、右手、左手、両手とあります。利き目とも連動するので、まずは利き目と同じ側の手から入ることをお薦めします。ただし、それで上手くアドレス出来ない場合は、逆手で入るようにしていきましょう。

右手から入る手法は、右手にクラブを持ちながら、ターゲットに対して斜めに入りながら構えて、最後に左手を沿えるようにしていくので、基本的には右手が主導で右目が利き目の人とは相性がいいのですが、右肩が出過ぎてアウトサイドインのカット軌道になってしまうようでしたら、左手を添える前に右肩を抑えて肩・胸のラインを揃えるようにしていきましょう。バックスイングからトップにかけて右わきが甘くなりがちの人にも有効です。

左手から入る手法は、左手にクラブを持ちながら飛球線に対して正対しながら入り、最後に右手を沿えるように入っていくので、左手が主導で左目が利き目の人と相性がいいということになりますが、左目で左肩をターゲットに合わせるようにしてしまうとターゲットより右を向くことになるので注意しましょう。この場合、本来のターゲットに加えて身体のラインを合わせる別のターゲットを設定することをお薦めします。ダウンスイングからフォローにかけて、左わきが甘くなりがちな人にも有効です。

両手で入る手法は、飛球線後方で胸またはお腹の前でグリップを作り、ヒジを胸に乗せながら、または脇腹に沿えながらその型を崩さないようにしながら入ることで、上半身のラインが飛球線に対して崩れにくいメリットがあるので体幹が主導で腕が身体から離れたり、わきの甘さやルーズさを嫌う人にも有効です。

手法としては、主導する手や部位と利き目と合わせるところから試して、上手くいかない場合は、利き目と逆手で入るやり方もあるので組み合わせを変えながら試してみましょう。

最後にテクニックとしてアドレスの入り方を利用してスイング軌道を変えていく手法もあります。その場合、右に曲げたい時は右手から入り、肩をオープンにして構え、左に曲げたい時は左手から入って肩をクローズに構えることでスイングを変えずともスイング軌道を変えて弾道に変化を加えることも可能になりますので、どのように入ると向きが矯正され、弾道が安定するのかを試すと同時に、打ちたい球筋によって、アドレスに入る手法を変えることにもチャレンジしていくと面白いでしょう。

黒田正夫

Page Topへ