常に鉛直を意識しよう。

常に鉛直を意識しよう。

コース上は練習場と違い、傾斜地でのショット、パットを強いられます。最初から傾斜が見えていない人もいれば、傾斜を感じてはいるものの、傾斜に慣れてくると鈍感になってきてしまう人もいます。バランスの悪いいところでいかにバランスよく振るかが大事なことはラウンド回数が増えていくごとに大切なことだと解ってきます。今回のお話は“常に鉛直を意識しよう”です。

コース上の傾斜でのアドレスの仕方というのは練習場ではなかなか再現できるものではないし、そういう感覚を持って練習をしていないことの方が多いでしょう。しかしながら、コースではそれが出来るようにしておくことが、ショットやパットの成功率を上げるためには最重要項目といっても差し支えないでしょう。

傾斜からのショットでは“傾斜なりに立つ”というセオリーがありますが、傾斜なりに立てるようにするためには、まずは“鉛直”に立つところから始めなくてはなりません。“鉛直”というのは地球の重力の方向となりますが、この場合、傾斜地ではどういうふうに立っているかというと、傾斜地に逆らって立つことになります。

急な斜面を登ったり下ったりする場合や急な斜面に立って休んでいる時の事をイメージしてみましょう。誰しも急な斜面を登る時は、前かがみになって登ろうとするだろうし、逆に下るときであれば上体を反らしてバランスを取っています。休んでいてもその場所でバランスのよい状態を保とうとします。その時のバランスのよい状態を“鉛直”に立つといい、重力に逆らわない状態を常に意識してアドレスすることを大切にしてもらえれば、バランスの悪いところでいかにバランスよく振ることができるための準備が整います。

次にアドレスに入る準備の仕方ですが、まずは両足を閉じた状態で、バランスを維持しながら前傾することから始めてもらうと前後のバランスが整います。その後、スタンス幅を決めてもらえれば左右のバランスが整えられます。この時、スタンス幅が広がるとともに上半身も傾いていきますが、これが、“傾斜なりに立つ”ということになります。

ここで勘違いしてほしくないのは、傾斜に沿って上半身が傾くことによって、荷重が掛りやすいところとバランスを取るために加重を掛けなくてはならないところが出てきますが、混在しないようにしましょう。バランスを整えていく作業は、あくまでもクラブを振りやすくさせるためにはどうアドレスすればよいかを考えるようにしていくことが大切になりますので、素振りをしながらチェックすること忘れないようにしましょう。

鉛直を意識せずにアドレスをすると傾斜に持っていかれたアンバランスな姿勢でアドレスをすることになるので、スイング中にクラブの重さや遠心力をコントロールすることが出来なくなり、ミスが誘発されることになりますので注意しましょう。

スイング中の注意事項ですが、クラブには重さがあります。ということは、鉛直方向に重さが掛るようになります。つまりアンバランスな場所に立つほど、より重力を感じられるものとなりますので、スイング中にその重力を感じられるようにしなくてはなりません。

鉛直方向にクラブの重さが感じられるようになってきたら、重さが軽く感じられるような位置で振れるようしてきましょう。これが俗にいう“クラブの重さを感じる”といったことになります。クラブの重さがスイング中に感じられるようになれば、スイング軌道およびフェース面の管理は一段とレベルアップします。

最後に練習方法ですが、練習場は平らで鉛直を意識しやすい場所ですから、まずは意識すること。意識できるようになったら片足立ちで打ってみるとかワザとバランスが悪い状況を作って振ってみるのもいいでしょう。練習場でもコースでのプレーを意識しながらのスイング作りが出来るようになればプレーヤーとしても一皮むけることに繋がることでしょう。

黒田正夫

Page Topへ