中途半端な距離の打ち分けを磨こう。

中途半端な距離の打ち分けを磨こう。

コースに出るといつもフルスイング出来るわけではありません。それが解っていても練習場では、フルショットの練習場ばかりになっていないでしょうか。コースでは、フルショット出来ない場面の方が多くなります。
それでは、その状況をクリアしていくためにはどうしたらいいでしょう。今回は“中途半端な距離の打ち分けを磨こう。というお話です。

ティーショットも環境条件によっては、コントロールショットを強いられます。セカンドショット以降になればなおさらですが、一番大事になるのは中途半端な距離のショートゲームです。しかし、この中途半端な距離が一番難しく、例えば50yの距離を40yも飛ばせなかったり、60y以上飛んでしまったりと、こういったミスは誰しもが経験しているはず。フルスイングで同じショット能力を持っていても、このような場面での縦距離の打ち分けレベルによって大きくスコアの差が開いてしまうことになります。

パー4でのトラブルでのレイアップ後のショットであったり、パー5でのサードショットであったり、大きなミスをした後に残る距離であったりと、よく考えてみると意外と遭遇する場面となります。ここでのミスはスコアを作るうえでも命取りになりやすいものとなります。

中途半端な距離を打ち分けていくために勘違いしてほしくないのは、どのような打ち方、構え方、クラブチョイスでもやりやすい手法を用いることが大事だということを念頭に置きましょう。セオリーでは、“振り幅”を推奨していますが、上手くいかないのであれば、これに囚われず想像力豊かな対応をしていきましょう。ミスしたのにベタピンだったなんてことも経験しているようでしたら、「そんなやり方もありだな。」くらいに考えることがいいでしょう。なぜこんないい加減な感じになるのかというと、コントロールショットはフルショットよりも距離をコントロールする分、感性が必要になるからです。そのためには、必要のないリキミは未然に防がなくてはなりません。

それでは、どのようにしていけば中途半端な距離を打ち分けられるのでしょう。手法は様々ですが、まずはセオリーとなっている“振り幅”でコントロールすることから入っていきましょう。“振り幅”は、距離に応じてヒザ・腰・肩といった“高さ”にグリップをおき、“等速”で振ることが求められる方法です。それぞれの幅でどのくらいの距離になるのかが大事なので縦距離をしっかり把握することが重要です。

次は“構え”でコントロールする手法ですが、スタンスの向きと体重配分、そしてボール位置とフェースの向きを連動させていく手法です。スタンスがオープンになるにつれ、フェースもオープンになり、ボール位置は右足寄りになりますが、右足への体重配分が多くなり、フェースがオープンでロフトが増える分、高さが出て距離が出なくなるので振りは大きめになります。

距離を出す場合は、高さを抑える必要があるため、左足に体重を乗せていくことにより入射角を鋭角にさせるとともにインパクトロフトを抑えていくことになります。フェースを開くとロフトが増えるとともにバンスも増えるため、左足体重で入射角が鋭角になってもバンスが利いてくるためダフリは心配しなくてもいいですが、掛け合わせる要素が多いので練習をしっかり行いましょう。

最後に、“振るスピード”でコントロールする手法ですが、これは基本フルショットなので調整方法として、距離によってグリップを短く握り、フィニッシュを納める位置を決め、そこで止まるスピードで振ることになるので、フルショットの縮小版という意味では、取り入れやすい方法になります。ただし、フィニッシュが低くなるほど弾道は低く、高スピン。短く持って、小さく鋭く振るほどランは増えるので弾道イメージをしっかり持つことが重要です。

黒田正夫

Page Topへ