“利き”も使い方次第

“利き”も使い方次第

ゴルフスイングのセオリーは左サイドを主導で使うことが良いと言われることが多いと思われます。特にミスをした場合の自己分析が、「右サイドを使ってしまったからいけなかった」というだけですとかなりゴルフを難しくしてしまっている可能性があります。動作をする場合、素早く正確に動かせられるのはどちらか。
今回は“利き”も使い方次第というお話です。

“利き”には、利き目、利き手、利き足とありますが、目や手の場合、その多くが動作において優先されるべきですが、足の場合においては、利き足の逆は軸足となるのでバランスの取り方がどちらになるかを知っておくだけでも、傾斜地等でクラブを振ることに対して、安定感が出てくるものとなります。

それでは、まず利き目についてですが、クラブフェースを正確にターゲットへ向けるにあたって利き目はとても大事です。クラブは至るところに平行、直角といった角度が存在します。さらにロフト角やライ角など斜めになっている角度も存在しつつも、それらの角度が目で見た時に平面上に存在しても、どのように見えるのが正解なのかを意識して見ていなければクラブフェースをターゲットに向けることが出来なくなってしまいます。

プレーヤーがターゲットに合わせやすいようにクラブは工夫されています。特にパターやドライバーについては、フェース面をターゲットに向けることが出来れば、ターゲットにボールが飛んで行く確率を確実に上げることが出来ます。利き目で見た時にそれぞれのクラブの顔がどんな姿なのか今一度チェックしてみましょう。

次に利き手ですが、パンチ力やフェース面を管理するうえでとても重要な役割を担っています。右打ちのプレーヤーの多くが右利きの人であり、器用な押し手でパワーを兼ね備えた右手を、ゴルフは不器用な引手の左手で振らなくてはならないといったものや右手を使うと曲がる確率が高くなるので使ってはいけないといった情報だけで使わないようにしているのであれば、今一度、見直してみましょう。

右手の平をフェース面に見立てて、グリップし、右手一本でスイングしてみましょう。最初は棒状の物を振るだけでもいいでしょう。簡単に振れ、スピードもでる人は多いはずです。クラブに持ち替えて、同様に上手く使えるようになれば、遠心力も増し、関節のギアも使え、スピードアップが図れるとともに、入射角が浅くなり、打ち出し角の高い弾道を簡単に手に入れることが出来ます。

上手く機能しなかったとしても不器用な左手だけに頼ったスイングからレベルアップが図れますのでプラスになるはずです。左利きでありながらも右打ちでプレーしている人は、道具が右利き用の物が多く存在し、仕方なくといった感じでと捉えるのは間違いで、器用な利き手でフェース面のコントロールとパワーを同時に発揮しやすい理想的なものになります。プロの世界でも名手と呼ばれる人にこのパターンが多いのも頷けます。

最後に利き足ですが、踏み込む足を“軸足”、蹴りこむ足を“蹴り足=利き足”と覚えてもらうといいでしょう。バランスを取り安定させ、パワーを増幅させるターボチャージャー役が下半身の役目になっているので、スタンスを飛球線に対し平行に合わせようとしたりせずに、逆にどちらの足を出しておいた方が安定感がありつつ、パワフルに振れるのかチェックしておきましょう。そうすれば、傾斜地からでのミスも激減するはずです。

スイングを構築するうえで様々な情報を得ることは大事なことですが、まずは自分の利き目、利き手、利き足がどんな傾向にあるのかを探っておき、それぞれのメリット、デメリットも把握しておくことはスイングの迷宮に陥らないためにも重要な要素です。姿かたちではなく、気持ちよくスイングでき、思い描いた弾道が手に入れられるようにするのもこんなところが大切なのかもしれません。

黒田正夫

Page Topへ