パッティングも出球の方向を管理しよう。

パッティングも出球の方向を管理しよう。

コースに慣れてくるとパッティングがスコアに対して大きなウエートを占めていることが解ってきます。当然ながらパット数を少なくさせるためにグリーンでのライン読みに力を入れるようにしなくてはなりません。しかしながら、その読んだラインにボールを乗せられないようでは、そのライン読み自体が無駄になってしまいます。それでは、どうすればボールを乗せられるようになるのでしょう。今回のお話は“パッティングも出球の方向を管理しよう”です。

グリーン上でのライン読みは、パッティングの決定率を上げるためには最重要項目といっても差し支えないでしょう。ライン読みには、縦(距離)と横(曲り)とありますが、特に横(曲り)に関しては、カップ際、ブレイクポイント、出球の3つのラインを読んでいかなくてはなりません。しかしながら、カップ際の傾斜がどうなっているか、どこで曲がるかを入念に読んでも、ボールのある周辺の傾斜に注意が払われないようであれば、インパクトした瞬間にボールは思ったラインから外れてしまうということになります。

出球が管理できないとカップ付近では大きなズレとして表れることを念頭に入れながら、ボール周辺の傾斜もしっかり読み込みましょう。グリーン上の罠は、短く切ってある芝生の上に乗っているボールが傾斜にも関わらず止まっているということになります。つまり、それくらい傾斜が微妙で解りづらいということ。そんな微妙な傾斜でもゆっくりストロークし、初速が遅くなるラインにあればあるほど出球の方向性を管理することが重要になります。

それでは、出球の方向性を管理するうえでどんなことに注意しなくてはならないのでしょう。まずは、足元の安定性を図ることが重要な項目となります。ボールが止まっていられるほど微妙な傾斜ということになりますので、目で見ることも大切ですが、足裏の感覚をフルに生かした方がいいでしょう。

両足を閉じて両足を閉じて地球の重力(鉛直)に対して自然体で立ってもらえれば解ると思いますが、足裏のどこに多く荷重されているかが感覚として解るはずです。通常のアドレスの向きで立ったのであれば、つま先側に加重をしなければバランスが取れないようであれば、つま先上がりのライにいるということになりますから、出球は左に持っていかれやすくなります。

傾斜に持っていかれたアンバランスな姿勢でアドレスをすると、ストローク中にかかと体重になり過ぎてストロークのアークが大きくなったり、前傾が深くなり手元が詰まって振りが鈍くなり引っ掛けたり、押し出したりのミスが誘発されることになります。両足を閉じた状態で、バランスを維持しながら前傾することがストロークできる条件のひとつになるのでバランスのミスで出球の管理が上手くいかない人は試してみるといいでしょう。

ここで勘違いしてほしくないのは、荷重が掛りやすいところとバランスを取るために加重を掛けなくてはならないところを混在させないようにしていきましょう。特にストレートな軌道が得意な人やフェースバランスのパターを使用している人は足元から見直すとスムーズなストロークになるとともに出球の管理が容易になってきます。

次に重要な項目としてはボール位置になります。セオリーでは、左目の下に置くことが推奨されていますが、利き目やパターのネック形状、ストロークのクセなどもあるのでセオリーに拘らず、安定した転がりになる場所を探しましょう。アーク式のストロークが得意な人は、ラインに合わせてボール位置を変えたりするのもいいでしょう。

最後にストロークに問題があると思われるようでしたら、打ち出し方向30cm以内に5cm幅で2本のティーを差したり、ボールを置いたりしてゲートを作り、そのゲートを通過するように転がせられるようにすると出球の方向性が安定するとともに出球の管理への意識付けもなりますので、ぜひトライしてください。ラインが大きく曲がるラインやスネークラインの場合であっても、それが出来るようになれば、思った所に思ったようにボールを転がせられるようになります。特にショートパットの決定率が格段と上がることでしょう。

黒田正夫

Page Topへ