まずはボールの状況を判断しよう。

まずはボールの状況を判断しよう。

練習場では上手く打てているのに、コースに出ると上手く打てずミスが多発。結果、スコアが伸びないという経験は誰しもあるはず。練習場とコースとでは環境条件が違うんだということを頭に入れておいて行動することが一番大事になることですが、今回は、その中でもまずはボールの状況がどのような状況なのかを判断してからプレーに入っていこうというお話です。

ティーショットがいかにうまく打ててもセカンドショット以降で大きなミスをしてしまっては、せっかくのアドバンテージを活かすことができなくなります。そのためには、自身のボールの位置まで来たら、まずはボールがどのような状況にあるのかを判断するところから始め、最適な番手選びと打ち方をするように努めましょう。

どのクラブでもスイングするだけでいえば、ボールがどのようなライと傾斜にあるのかが、最初の情報となりますが、残りの距離だけでクラブ選択するようだと大きなミスになる傾向を抱えてしまいます。例えば、ロングホールのセカンドショットが傾斜がキツイところにボールがあっても、残りの距離があるからという理由だけで、いつもスプーン(3W)を持って強振するだけのような考え方では、さすがに幅を持たせるようにしていかなくてはならなくなるでしょう。

間違ってほしくないのは、スプーン(3W)を持ってプレーしたのが悪いのではなく、そのクラブでその状況下でどんな球が出るのかという予測や想像力を働かせられたかということが大切で、結果に結び付けたいと考えると、ミスをした後でもそのミスが想定されているものであり、意図を持って行動できたのかが大事であり、そこまで考えが及んでいるのであれば傍から見ても無茶なクラブ選択がされていてもいいということなのです。

ボールの状況を判断できるようにするためには、観察する力が必要となります。観察する力とは、平面上に見えるものを断面図で解釈するなど頭の中では3D化できるようにしていくことであり、これはイメージトレーニングをしていけば必ずできるようになるので、観察する努力を怠らないようにしましょう。

ボールが傾斜地にある場合は、どのようなスイング軌道でコンタクトできるのか、その場合、地面との接点はどこになるのかなど観察できるようになりましょう。ラフにある場合は、浮いていたり、沈んでいたり、またはその中間であったりすることで入射角やフェース面の使い方が変わってきます。アプローチなど距離が短くなればなるほど、シビアな距離感が大事になってくるだけに特に注意深く観察するようにしましょう。バンカーショットなども砂質によってフェースの使い方が変わってきますが、この場合は、足の裏で情報を感じ取ることになるので、観察は目だけではないということも覚えておいてください。

ボールのライ、傾斜を確認したら、ターゲットまでの距離や風の向き・強さ、高低差やグリーンの状況などあらゆる状況に目を配りながらコースから要求されていることと自分がやりたい事の摺り合わせをしつつ、打ち方やクラブ選択に波及させましょう。ターゲットまでの残りの距離だけで、クラブ選択をして、同じ振りだけをするようでは、いずれ壁にぶち当たることになります。

まだ初心者の頃であればいいでしょうが、ゴルフ歴も長くなってきているのに、考えが及んでいないのか経験不足なのかが露呈するようなプレーぶりとなっているようでしたら、次回のラウンドからは、まずはボールの状況を判断し、そこからどのような考えに波及できるかをやっていきましょう。そうすればきっと、ゴルフが一皮むけて更なる楽しさを味わえることになるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ