切り返しのポイント。

切り返しのポイント。

切り返しで打ち急いでしまった時に同伴競技者に「早いよ!」や「力が入っているよ!」などと指摘されたことがないでしょうか。スイングで一番難しいところは“切り返し”の部分だという人もいます。ここのタイミングさえ合えばナイスショットの確率はグッと上がるはず。今回はこの切り返しのポイントについてお話します。


切り返しのポイントは、タイミングを計りながら反動動作を入れられるかが肝になるわけですが、トップからダウンスイングの一瞬であるため、出来るだけスムーズに全体のタイミングを合わせ、力を集約させることが大事になります。
タイミングを逸すると途端にミスショットに繋がるので、絶対に習得しておきたい部分になるのですが、無理に作るということではなく、いかにナチュラルに持っていけるかが肝心です。そのためには、クラブの動きとの調和を常に考えられるようにならなくてはなりません。
切り返しのミスはいろいろあり、間を取りすぎる、振り急ぐ、力が入るといったものが代表的なものとなりますが、いずれもクラブの動きを無視した自分勝手な身体の動きがあると、リズムやテンポに強弱をつけ過ぎてクラブの挙動が出過ぎるといったものになります。


間を取りすぎるミスの場合、セオリーに囚われ、トップで間を取らなくてはならないと思いこんでいるタイプと、バックスイングの軌道の大きなズレやシャフトに余計なトルク(ねじれ)が加わってクラブが暴れてしまうため、一旦クラブの挙動を抑えるといった行動を取るタイプに起きます。
振り急ぐミスの場合、ローギアで引っ張って、いきなりトップギアに入れるような振り方をするタイプなのでギア抜けを起こしてしまい、力が増すどころか力が抜けることに繋がったりします。
力が入るミスの場合、トップで反動を使おうとするタイプとシャフトを撓らせようとグリップに極端に圧を掛けようとするタイプに起きます。いずれのミスもクラブの挙動が極端になるので、基本的にはインパクトまでにクラブヘッドが落ちてこない、シャフトが撓り戻らない、振り遅れやフェースが開いたミスになりやすくなります。


クラブが軽量化してきたことによる関連性もあるでしょう。クラブの重量が重く、どんなに頑張ってもゆっくりしかバックスイングを上げられなかった時代であれば、“バックスイングはゆっくり上げる”やシャフトの撓りが鈍く、重いクラブが落ちないように“トップで間を取りつつ、下半身から切り返す”などといったセオリーが正解となるのですが、クラブを振りやすく、スピードを上げやすくするために、軽量のものが増えてきたこともあり、よりスピーディーに一筆書きのスイングが出来るタイミングを探すことが重要になってきているようです。


どのミスも、バックスイングのスピードを極端に遅いタイプがほとんどになりますので、まずはバックスイングのスピードを上げるようにしましょう。そうすることで身体も余計は動きが抑えられ、クラブも余計なトルクが掛らなくなります。
ただし、最初は体感のスピードと実際のスピードに極端なギャップがある場合がありますので、動画などで確認してみましょう。決して早くないことに気付くはずです。さらにそのバックスイングのスピードに慣れてくれば、軽量化されてシャフトの手元の剛性も高く(硬く)なっているクラブであってもトップまでにシャフトが撓るようになってきます。


シャフトがトップで撓ってくれれば、切り返しでギア抜けを起こすこともなく、余計な反動をつけようとせず、ナチュラルにクラブの撓り戻りに合わせて振り下すことが出来るようになります。リズム・テンポは人それぞれですから、クラブの重さや撓り方も変わってきます。
いかにバックスイングの段階からクラブと同調させながら助走し、インパクトまでにトップスピードに持っていけるかを考えられれば切り返しのタイミングを計りながら反動動作を入れられる意識を持てるようになってきます。

黒田正夫

Page Topへ