次打はインパクトした瞬間から始まっている。

次打はインパクトした瞬間から始まっている。

朝一のティーショットが終わったあと、どのように行動しているかでその人のプレーぶりも分かるものです。ボールがどのような場所、残り距離など情報が曖昧にも関わらず、何本ものクラブを携えていく人、どこにボールがあろうといつも同じクラブしか持っていかない人など、準備の仕方に疑問符を付けざるおえない人がいます。
今回は、次打はインパクトした瞬間から始まっているというお話です。

まず、最初に行ってもらいたい行動は“ボールをよく見る”ということです。インパクトしてボールがフェースから離れた瞬間から次打は始まっています。そのためには、“ボールをよく見る”ということは初歩の初歩といっても過言ではありません。コースでも練習場でも、いつでも情報収集し続けなくてはならないのがボールの弾道です。

特にコースでは打ち直しが利かないため、毎ショット、打ち出された弾道からフィードバックされた情報に基づいてその内容を把握し、吟味し、ある程度の評価を持って検証し続けなければなりません。そのためには、まず行わなくてはならない行動としては、飛んで行くボールから目線を切らないということです。

簡単な事のようですが、出来ていない人と出来ている人の間には有利不利が必然的に発生してしまいます。ボールから目線を切ってしまうクセを持っている人は唯一の手がかりを見失ってしまうのですから、自らを不利にさせてしまうことになります。上手くいってもいかなくてもボールから目線を切らず見続けるクセをつけましょう。

「見ているよ」という人でも弾道を追いつつ、地面に落下した、もしくはショートゲームであれば、カップを過ぎたところから目線を切ってしまう人ほど“もったいない”ことになります。地面に落下した後、どのように跳ねたのか、どちら側に跳ねたのか。または、カップの先からはどのように転がっていったのか、もしくは、曲がっていったのか、曲がり具合はどうだったのかなど、ボールが止まるまで、または見えなくなるまで見続けることが次打にとっても有益な情報になるので、途中で情報を遮断してしまうことにならないよう努めていきましょう。

目線を切らず見続けるクセがついたら、次に環境条件の読み込みを行うようにしましょう。環境条件の読み込みがなぜ必要かというと、コースでは平らなところがなく、風も吹いているため、真っ直ぐに打ち出されたボールは傾斜や風に沿って流されていきます。つまり、曲がりながら飛んで行くということになります。これができないと弾道予測ができないため、コースマネジメントにも繋がりません。

よく解らないという人は、グリーン上をイメージしてもらうといいでしょう。例えば、左に曲がるフックラインに対して真っ直ぐ狙っていった場合、ボールは真っ直ぐ打ち出されるけれど、傾斜で徐々に曲がっていきますね。それと同様なことがグリーン以外のコース上でも起きていると覚えてください。

このように環境条件に伴い、起きてしまうことが把握されていなかったり、予測されていないとスイングによってもたらされたものなのか否かの区別もつかなくなるので、事前に環境条件の読み込みをしっかり行いましょう。さらに予測弾道に基づいて、クラブ選択を行うわけですが、持つクラブによってもそれぞれ、上がりやすい、上がりにくいや捕まりやすい、捕まりにくいなどの特性があるため、それも加味していくことが大切です。

最後に、繰り返しになりますが、次打はインパクトした瞬間から始まっていますので、ボールの行方をしっかり見守り、無意味や無駄な行動をせずに次打の位置までスムーズに移動し、そこでまた環境条件の読み込みをしっかり行い、弾道予測を立て、アドレスの向きやボール位置などのアライメントにも注意を払いつつ、スイングする前にエラーを出さないよう努め、次打に繋げていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ