アプローチは落とし所、止まり所を決める

アプローチは落とし所、止まり所を決める

グリーン周りのアプローチが行ったり来たりはなくなったけれど、なんだか、アプローチがオーバーやショート気味になって距離感がイマイチ合わないといったことが起きている人もいると思います。こんな症状の人は、キャリーとランの比率が合わないといったことだけではないようです。今回は落とし所、止まり所を決めるというお話です。


アプローチがオーバーやショート気味になって距離感がイマイチ合わないといったことは、距離感の出し方に間違いがあるのか、勘違いしているところがあるのかといったことになりますが、まずは自分の傾向を探るところから始めましょう。

傾向の探り方は、10~20y離れたところから10球くらいアプローチしてみましょう。この時に大事なのは寄る、寄らないという結果ではありません。アプローチをしながら、ターゲットがどこになっているかを探ってもらいたいのです。探る意識を持ってもらいながら、再度、ターゲットがどこになっているか?と問われると、ピンと答える人と落とし所と答える人に分かれると思います。ピンと答えても落とし所と答えても、どちらかが不正解というわけではなく、自身の傾向を知り、それを活かしてプレーに役立てようということです。

ターゲットがピンになっていて、キャリーでピンそばまで飛ばすことが出来ている場合は、着弾してからのランを考えていなかったり、イメージできていなかったりといったことが考えられるので、ターゲットをピンではなく、落とし所に変え、その落とし所をターゲットにし、キャリーさせられるようにしていけば、ランでオーバーしてもショートしても距離感としての結果は大きくズレることもなくなります。

ターゲットが落とし所になっていても、キャリーでそこまで飛ばすことが出来ず、ショート気味になっているか、もしくはボールがその場所付近で止まってしまう場合は、求められている距離、もしくは全体像の把握ができていないことが考えられるので、ターゲットは落とし所ではなく、ピンに変え、どんな弾道で攻めていくとピン周辺にボールは止まるのか、もしくは、カップの中にボールが吸い込まれていくのかくらいのイメージを持つと、弾道の質も含め、もっと感性にフィードバックされることになってきます。

クラブ選択との関係性になりますが、落とし所を自分の近くに設定し、場所をあまり変えない傾向があれば、ランをコントロールしていく率が多くなるので、振りは基本的に小さく、ランの比率が多ければ多いほど、FWやUTも視野に入れつつ、クラブ番手を上げることで対処していくことになります。環境条件に応じて落とし所を設定するのであれば、キャリーのコントロールを重視する傾向になるので、ウエッジを多用しながらの対処となっていくことになります。

止め所に対しては、弾道のスピード、さらに高さとスピンのイメージがメインとなり、その結果、キャリーとランの比率が変わるといった考えとなるので、クラブ選択もAWやSWのいずれか1本で行ったりする場合と環境に応じて制限を付けず、自由に選択していく場合とに分かれます。

最後に、落とし所でも止め所でも目線が大事になります。落とし所が足し算、引き算とすれば、止め所は答えからどのような式を導くかとなるので、ターゲットの場所を明確にしていくようにしてください。目線は心を表しているといってもいいでしょう。アプローチに限らず、目線が安定せず、ターゲットの位置がコロコロ変わるようでは、距離感だけではなく、方向性も出せなくなりますので、目線の使い方も併せて練習していきましょう。

黒田正夫

Page Topへ