嫌なザックリ!どうして?

嫌なザックリ!どうして?

せっかくグリーン周りまできたのに、アプローチがいきなりザックリ!ボールは無情にも数ヤードしか飛ばなかったなんて経験は誰しもがあるのではないでしょう。
次のショットはザックリを嫌がって今度はトップ!これもよくあるパターンではないでしょうか。
練習場では起きないのにコースに出ると起こるミスショットのひとつと言えます。今回は、嫌なザックリが出たらどうするかというお話です。

ザックリする要因はセットアップのミスによるものがほとんどで、その後のスイングに影響を及ぼしていると考えればザックリしてしまうメカニズムも容易に考えることができます。それでは原因をひとつずつチェックしていきましょう。

まず、よくあるのがボール位置のズレ。常日頃から左に置くことをメインにしていると、ミスしやすいことになります。距離が短くてもフットワークを積極的に行うタイプであればいいのですが、距離が短くなるにつれ、フットワークを抑え気味にして腕の動きと上半身の回転でクラブを振るタイプでは事情が変わってきます。

後者の場合、練習場ではクラブのソールが滑ってくれてもコースでは芝目の方向や傾斜、地面の硬さが必ずあるわけですから、平らなところと同じ感覚でボールをセットするとクラブフェースがボールまで届かないということがおきます。これはグリーン周りだけでなく、地面にあるすべてのショットに言えることなので、たかがボール位置でと軽く済まさないようにしましょう。
ちなみにボールの直径は4.27cmです。ボール位置が適正な位置より1個ズレているだけで4cm強、2個ズレていたら8~9cmもズレているということを考えたらクラブヘッドをボールまで届かせるためにはどんなバランスでスイングをしなくてはならないのか想像すると怖くなります。

次に過度な左足体重。グリーンは水はけをよくする関係上、高台にしています。これをかなり高くすると砲台グリーンと呼ばれるわけですが、そう考えるとグリーン周りは左足上がりになっている傾向が強くなります。
その傾斜に対してスタンスを狭くした“飛ばさない”アドレスを取ると傾斜に逆らった形になるので、自然と左足体重になるのですが、ボール位置が左にズレていたり、アプローチは左足体重で構えなくてはならないと思い込んでいると過度な左足体重で構えることになります。そうすると、傾斜に対して入射角がかなり鋭角になるため地面に刺さるということが起きます。

最後に支点のズレ。アプローチになるとハンドファーストに構えなくてはならないと思い込んでいると通常のグリップ位置からいわゆるハンドファーストにズラしてクラブのロフトを立ててしまうため、ソールのバンスを使えないようになり、リーディングエッジが刺さりやすくなります。
直接、クリーンショットしている分には問題ないのですが、手首が可動させやすくなるため、クラブヘッドの運動量は大きくなりやすく、“当てて終わり”といったインパクトになり、スピンが掛りすぎて止まってしまったり、逆にドロップして転がっていったりしてスピンが安定しいことが起きます。

この3つの要素を組み合わせて、さらに、フェースを開いてソールのバンスを使えるようにして、上手くいってしまっていると厄介です。一見すると、このセットアップはアプローチのセオリーと呼ばれるものに形が近くなるので、一番混同しやすいものになります。このようなセットアップの場合、クラブヘッドの抜けが悪く、突っついたり、押し出したり、振り遅れたり、ヒジが抜けたり、引けたりし、別のミスを誘発することになってくるので注意が必要です。

このように、ザックリが出た場合は過度に何かしてしまっている場合がほとんどです。そうならないためにも、どんな場所であってもバランスよく立ち、グリップの位置も通常とおりにしてリリースポイントを安定させ、素振りで最下点を探し出し、そこにボールをセットするようにしましょう。

黒田正夫

Page Topへ