チーピン!左が怖い?

チーピン!左が怖い?

スライサーを卒業すると必ず一度は通るのが左に急激に曲がりながら飛ぶ、俗称“チーピン”に悩まされることになります。よく起きる場面としては、ロングショット時が多いでしょう。上級者のハードヒッターにもこの病気をお持ちの方もいらっしゃいますが、少し原因が違うようです。今回は、チーピンが続いて左が怖くなったらどうするかというお話です。

左に急激に曲がるのがチーピンの特徴ですが、嫌がるだけでは治りませんので、まずは、打ち出しがどうなっているかを確認しておきましょう。なぜ曲りではなく、打ち出しなのか。それは左、真ん中、右に打ち出されることによって原因が違ってくるからです。


元スライサーに多いタイプですが、左に打ち出されたボールが急激に左に曲がるようでしたら、腕の回旋とクラブの動きは一致しているので打ち出していく方向を合わせるだけとなります。アドレスの向き、特に上半身のラインが飛球線に沿って平行に合わせられているかを確認しましょう。

この手の人はアウトサイドインに振る傾向にあるので、上半身を開いて構えないでカットに振りながら引っ張りこむクセをなくしていきましょう。特に左ヒジの畳む動きが大事になってきます。抜けたり引けたりすることなく、上手く畳められるようにしましょう。治さないままでいると、時折、右を向いて引っ張り込みながら左足をどかしながら打つ人がいますが、あまり極端にやっているとナイスショット時にトラブルになりやすくなるので注意しましょう。


真ん中に打ち出されてから推進力がなくなるに伴って左に大きく曲がってしまうようでしたら、スイング軌道は合っていたのですが、身体の回転が不足がちで、その結果、腕の回旋のタイミングが早すぎたか急激に返ってしまったかとなりますので、身体の回転と腕の振りを同調させることから始めましょう。

それでも治らない場合は、グリップ圧に注目しましょう。特に上級者のパワーヒッターに多いのですが、飛ばそうとした時の切り返し時にグリップ圧が急激に上がる傾向になるので注意が必要です。アドレス時に右手を握らず、添えておくとくらいがいいという脱力方式もあれば、初めから右手にある程度、圧をかけておくことで急激に変化させないようにする加圧方式もあります。どちらがいいかは試してみてチョイスしてください。

この手のタイプの人は、左に曲がることを嫌がって右に打ち出そうとスイング軌道を変えていってしまったり、腕の回旋を極度に抑えて、押し出すようにする人がいますが、それはスイングを壊す結果になるので注意が必要です。


右に打ち出されてから左に大きく曲がってくるようでしたら、まずは、アドレスの向きをチェックしましょう。その後、スイング軌道がインサイドアウトになり過ぎていないかをチェックしてください。

初めから右を向いて左サイドがロックすることで回転不足になっていないか上半身だけが右を向いていないか。上半身だけ右を向いている傾向にある場合、左グリップに力が入り過ぎているか、もともとのグリップが骨格よりもフックに握っているかといったことになるので必ずチェックするようにしましょう。

アドレスに問題なく治らない場合は、身体の回転不足で左サイドにスペースが出来ず右ヒジのタメが強くなり過ぎてクラブが下から煽るように寝て入り、ボールにドライブを掛け過ぎている傾向かもしれないので、振り遅れるくらいに身体を回してみて、左サイドにクラブを振るスペースを作っていきましょう。

スイング軌道に合わせて極端にボールを左においてティーアップを高くしていくのだけはやめましょう。地面にあるショットがすべてチョロかダフリの連続といった具合になります。基本的には瞬発力に長けている人に多く発症しやすい症状ですから、常日頃から力感のコントロールに重きを置いておくことが大切です。


ウッドでチーピン、アイアンでシャンクする傾向にあるようでしたら、フェースへの打点がヒール下に集まっています。この場合はスライスが治っている訳ではなく、より重症化していると考えてください。ヘッドのトゥの重さが時計回りにかかり、フェースコントロールが出来ずにインパクトを迎えていることになります。この場合は、打点をトゥ上寄りに集められるよう積極的にフェースローテーションを練習してください。


最後に、このような症状が重症であればあるほど、身体の動きをチェックする前にアドレスやクラブの動きから再チェックするようにしてください。その後、片手打ちや両足閉じのドリルをお薦めします。余計な動きが排除され、クラブと身体を同調させることが出来るようになります。練習場でボールを打つのがもったいないのであれば、ドライバー用のティーをボールに見立てて行ってもらうといいでしょう。

黒田正夫

Page Topへ