相手への称賛はプレーの調味料

相手への称賛はプレーの調味料

ラウンド中に一緒にプレーしていても存在すら感じさせないくらい、何も話さないでプレーする人が時折います。同伴競技者のプレーに対して何も感じていないのか、しゃべってはいけないと思っているのか、照れて言えないのであればいいのですが・・・。こんな調子だと最初は物静かな人で済まされますが、そのうち誘ってもらえなくなる危険性が出てきます。今回は相手への称賛はプレーの調味料というお話です。

ラウンド中、同伴競技者のスイングや弾道、トラブル回避など上手く行った時や勇気を持ったプレーに対して「ナイスショット!」「ナイスアウト!」「ナイストライ!」など、称賛することが自然に出来るようになってくると、ゴルフ仲間としてひとつ階段を駆け上がった感じになり、一気に場が和み始めます。

ちょっとした会話がプレーのアクセントになり、調味料と化します。ピリピリした緊張感だけがある戦うプレースタイルを否定するつもりはありませんが、同伴競技者を称賛しない人は、相手に対して“リスペクト=敬意”を表すことが出来ないプレーヤーということにもなりますので、「次回も一緒に回りたいですね」とはなりにくくなります。

そんなことを言っても、自分のプレーで精一杯という人も大勢いることでしょう。そんな人はみんなが集まっているところから声を出すようにしてみたらいかがでしょう。そうすれば、そんなに大きな声を出さなくても相手に対して自分の気持ちが伝わるのではないでしょうか。ティーグランドやグリーン上はみんなが集まるところです。他の方と一緒に声掛けしやすい場所でもあります。慣れていないのであれば、小さじ一杯の塩が如く、少しずつでいいですから声を出すようにして、その味に慣れていきましょう。

逆に、何でもかんでも大きな声で「ナイスショット~!」という人もいますが、ミスショットにも「ナイスショット~!」など言っていると逆に“言葉に心がない”または“リスペクトされていない”と思われ、嫌われますから注意が必要です。こういう人はインパクト音が鳴ったと同時に声を掛けてしまうところがあるので、目分量の調味料を大量投入する前に、必ず打ち出された弾道や結果を確認してから適度な声掛けをするようにしましょう。

なぜそうなのかというと、相手を称賛するということは、その人のプレーに対して自分自身が称賛するに値するかといった意味合いと相手にとって称賛されるべきプレーであったといった意味合いがあるので、自身の本心と受け取る側の技量や傾向も踏まえつつ、声掛けするようにしましょう。

そういった意味からすると、グリーン上での称賛の声掛けとして「ナイストライ!」や「ナイスタッチ!」などがありますが、気遣いが多分に含まれたものになるので、“難しい”という人も大勢いらっしゃるかと思います。この場合は、オーバーめのタッチだった場合は、「ナイストライ!」、ラインが少し合わなかった場合は、「ナイスタッチ」と分けて使ったりするのが一般的でしょう。しかしながら、その言葉の後に少し言葉を加えると美味になってきます。「ナイストライ!惜しかったね~」や「ナイスタッチ!難しいラインだったからね~」など、カップインできなかった相手も思っているであろう言葉をプラスして、相手へのプレーに対して少々の調味料をさらに加えてあげましょう。

何も話さないで自分のプレーだけを楽しむのではなく、同伴競技者と一緒にその時を楽しむようにしていきましょう。ただし、その他の相手がプレー(本番)に入ったら、その時間も大切にしてあげて見守ってください。そして上手くいったらリスペクトの意味も踏まえ、他の方々と一緒に称賛してあげましょう。そして、称賛された方は、その言葉のお返しとして、「どうも」や「ありがとう」と返してあげるとその日のプレーはお互いが美味しいものとなり、お腹いっぱいにもなり、次回のプレーにも繋がることとなるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ