フィニッシュは鏡!うっとりするほど自惚れろ!

フィニッシュは鏡!うっとりするほど自惚れろ!

フィニッシュ!ターゲットに正対した状態まで身体が回ってクラブが止まり、優雅にボールの弾道を見届けている人、クラブを振り戻してクルクルと回しながら鞘に納めるような仕草を見せる人。上手な人ほどクラブ捌きと身体の動きがスムーズで見ていてもカッコイイものです。今回は、フィニッシュは鏡!うっとりするほど自惚れろ!というお話です。

誰しもナイスショットを打った時ほどバランスのよいフィニッシュが取れているものですが、意外とどうなっているか打った本人が分からないことの方が多いようです。そういった感じを持っている人ほど、バランスのよいフィニッシュが取れているか取れていないかを確認することが必要です。

まずは、フィニッシュに対して自身が意識を持っているかどうかといった所から紐解いていくといいでしょう。バランスのよいフィニッシュが取れるということは、スイング軌道等を含め、クラブの動きが非常に滑らかで、力感や体重移動など身体の動きと同調しているということが挙げられるのですから、ナイスショットした時にどのような力感、バランスで、どこにクラブが収まっているのかを知ることはナイスショットを続けられることに直結しやすくなります。

逆にスイング中にバランスを崩してしまうということは、再現性が乏しいスイングとなりやすいため、ボールがバラケやすくなりやすいとともに、最悪、ケガに繋がってしまうことにもなるので注意が必要です。自身の理想的なスイングを創り上げる意味でも、理想的なフィニッシュから巻き戻してクラブ、身体を動かしていくとそれぞれのポジションが分かりやすくなってきます。

どうしてもインパクトした瞬間にフェースからボールが離れていくため、インパクト以降の動きに対して意識が希薄になりやすいのが実情ですが、インパクトがスイング全体のある一部分であり、どのような軌道で、どのような入射角で、どのようなフェースの向きでボールにアタックしたあと、どのように抜けていくかまでも管理できると球持ちの良い、質のいいインパクトを迎えられるようになってきます。

さらに、そこからフィニッシュの形を変化させることで、ボールコントロールも容易になってきやすく、アドレスやインパクトを考えなくてもフィニッシュの収め方ひとつで、左右高低に“感じのある”ボールを意のままに操れるようにすることもできます。実際、コースでは平らなところを探すのに苦労するくらい平らではないことからすれば、ボールは本来曲がりやすく、セカンドショット以降においては、どのスイングにおいても、いつも傾斜地で打たされることになります。そういった観点から考えると、バランスの悪い場所で、いかにバランスよく振れるかといったことが求められつつ、どのようなフィニッシュをもってして曲がるであろうと予測されるボールを補正しつつ左右高低に“感じのある”ボールを意のままに操れるかということは難しいことではありますが、収める場所がきっちり決まっていると、淀みなくその終着点に向けてクラブを振ることになり、身体もバランスを取りながらそこに行きつくように動いていくことも感じられることが出来るようになってきます。

いいスイングとはいいバランスで振れていることであり、フィニッシュの取り方でどのようなインパクトを迎えられたのかが分かり、導き出された美しい弾道(解答)をうっとりしながら見続けられるようにしていくことになります。ミスショットしてもフィニッシュが崩れていなければ許容範囲に収まります。決めるべき場所がきちんとしていれば、体操競技の着地のごとく、スイングした後に自身のスイングに自惚れてしまうほどにフィニッシュをカッコよく決めましょう。

黒田正夫

Page Topへ