スイングはバランスが命!

スイングはバランスが命!

練習場ではあまり見かけないのですが、コースでよく見かけるのがフィニッシュでバランスを崩してしまう人がいます。コースが平らではないせいなのか、飛ばそうと力が入りすぎたせいなのか。せっかくいい球が打てても決めるところが決まっていないと上手に見えません。今回は“スイングはバランスが命!”というお話です。


まず、コースでは平らなところを探すのに苦労するくらい平らではないことを頭に入れておくことが大事で、どのスイングにおいても、いつも傾斜地で打たされることになるので、平らな練習場に比べ、バランスが崩れやすい傾向になります。つまり、コース上のスイングはいかにバランスが悪い場所でバランスよく振れるかといったことが求められています。

さらにフィニッシュが取れない程にバランスが崩れてしまうということは、ミート率も著しく落ちてしまうことに繋がっていることになります。フィニッシュでバランスを取れるようにするためには、その場所での力感コントロールがもっとも大事ですが、それに伴う準備として、クラブを握る長さやアドレスでのポジショニング、ボール位置等々、チェックすることが挙げられます。

例えば、つま先上がりではかかと側、つま先下がりではつま先側に体重がかかりますが、そのままだとスイングした時に前のめりや後傾気味になってミスを誘発してしまいます。これを防ぐためには、重心位置を真下に下すようにし、地球に対して垂直に串刺しされている感覚を持っていただく事が大事になります。この場合、重心位置が平らな場所に比べ、前後に移動している状態となります。それでは、左足上がりと左足下がりではどうでしょう。重心位置は左右に移動していることになり、左足もしくは右足側に体重がかかることになります。さらに傾斜がきつくなればなるほど左右の重心を身体の外側で感じることになります。

試しに傾斜地でクラブをアゴの下から垂らしてみましょう。人間は重い頭で重心バランスを取っています。自分の目で見ている中心がどれだけズレているか一目瞭然となります。重心は身体の中心で感じられるものだと考えがちですが、ゴルフのアドレスは“くの字”型になっていることから考えると身体の外側でバランスを取っていることも頭に入れておきましょう。

アドレスで重心の位置が安定した状態を作り出せれば、あとはスイングに注力できることになります。インパクトはクラブヘッドの重心とボールの重心とのぶつかり合いとなりますが、バランスのよいスイングとは、クラブのヘッドの重心と自身の重心がどのような関係性を保っているか考えるとバランスのよいスイングが見えてきます。重心はスイング中に移動しますが、クラブの重心が前後左右に移動しているといっても自身の重心は質量の中心にあることになるのでスイングのミスおよび調子が悪くなってきたと思ったら、自身とクラブとのバランスを整えながら振るように心掛けましょう。

ドリルとしては、両足を閉じてクラブを振ってもらったり、目を閉じて振るのもいいでしょう。傾斜地を想定するならば、左右どちらでもいいので、片足立ちで振るのもいいでしょう。

コースでは、出来るだけ目線を上げながら歩いてプレーするように心掛けることを推奨します。カートに乗ってはいけないということではありません。常に目線を上げておくことで景色から傾斜の度合い等が分かるからです。ボールの位置に行く前にボールがどのような傾斜に位置しているのかを事前に情報収集しておくことで、どのようにアドレスのバランスを取らなくてはいけないのかも考えられるようになってきます。

スイングはバランスが命です。バランスのよいアドレスから始まり、バランスのよいフィニッシュまでを一連の流れの如く、どんな状況下でも収められるように意識していきましょう。

黒田正夫

Page Topへ