チップインの確率が上がる条件!

チップインの確率が上がる条件!

コースに出ると、スコアやショットの内容で一喜一憂することが出てきます。その中でもホールインワンは特別なものになりますが、それに近いものとしてチップインしたショットはスコアをも満たしてくれるので、距離が近くなればなるほど狙っていきたいものになります。距離が長くなればなるほど“運”に頼る部分が多くはなりますが、グリーン周りであればどうでしょう。
今回はチップインの確率が上がる条件というお話です。

「チップインなんて、たまたまなんだからそんなに起きないよ」と言っている人は謙遜しているか、何も考えず運任せのゴルフをしているかのどちらかでしょう。謙遜している人はいつも密かに狙っている訳ですからもっともっと確率を上げていきましょう。

まず、ライや傾斜、ラインが大事になってはきますが、ライが悪いから、傾斜がきついから、ラインが複雑だから初めから入れられないということはなく、確率が低いだけと考えるようにしていきましょう。そうすれば、条件が整った時に入れられる雰囲気が出てくるはずです。一番に考えてほしいのはランを使うということ。つまり転がすことが出来ればより確率が上がってくるということ。バウンドしているボールでもチップインはしますが、距離感のミスによるものが多いので保険として考えておいてほしいとところです。

クラブのチョイスですが、ランがどれくらい使えるのかまたはどれだけ使うかによって変わってきます。前者の場合、条件が整っていない場合が多く、ロフトも多めのクラブチョイスとなります。後者の場合、より条件が整っているので選択肢が広がるためクラブチョイスはしやすいのですが、ひとつ問題なのが、ロフト少なめのクラブでのランニングを中心としたアプローチの練習をあまりされていないということ。練習場でランニングアプローチの練習をされている方はあまり見たことがありませんからね。つまり慣れていないので打ち方には問題がなくても距離感が出しにくいという理由で選択肢に入ってこないクラブが出てきてしまうということになります。
そのためにもアプローチ練習場があるコースに行く時は早め、もしくはラウンド後に芝生の上からのアプローチ練習をしましょう。

アプローチ練習場のあるコースに行ったら、ぜひ試してみてほしいことがあります。それは、SWと9アイアンで10球ずつアプローチして、カップに対してどれだけ距離が残ったのかの統計を取ってみることです。意外にもあまり慣れていない9アイアンの方が結果として平均値がいいことが分かります。つまり、慣れていないだけで練習すれば、距離感も良くなってくるし、振り幅も小さくて済むのでミスヒットしづらいといった利点が顕著に表れてきます。

ラウンド後の練習であれば、キャディバックごと持っていってフルセットすべてのクラブで遊んでみて、使えるアイテムを増やしておきましょう。そうすれば、条件が整った時にパッティングがごときライン読みが出来ればカップインの確率がググッとUPすること間違いなしです。
条件が整っていない場合、SWやAWをチョイスする場合がほとんどとはなりますが、状況に応じて打点・軌道・入射角を適正なものに変えながら打つことになるので、こちらも練習が必要です。あえて打点を変えてスピンをより掛けたり、掛けなかったり、スライスやフックを掛けたり、トップさせたりダフらせたりと、わざとミスヒットすることになるので、こちらも遊びながら習得していきましょう。

チップインはショットの極みです。たまたま起きることの方が多いのですが、弾道や落とし所のイメージを高め、狙いを定め、運も味方してくれるくらいの勇気と技量はいつでも持てるようにしたいものです。

黒田正夫

Page Topへ