ゴルフコースは歩いて傾斜を感じよう。

ゴルフコースは歩いて傾斜を感じよう。

練習場ではいいショットが打てるのにコースでは上手くいかないのはなぜ?との質問を多くいただきますが、コースでは平らなところがなく、傾斜が複雑に絡み合っているとの認識が希薄な場合が多く見受けられます。
スタンスする足場は傾き、ボールと足の高さは異なっている場所からプレーさせられているという認識をするところから始めましょう。

そのためには、歩くことが一番!
足裏で地面の傾きや硬さなど感知しながら、ボール周辺の傾斜を認識しつつ近づいていきながら、次打のショットの準備を整えましょう。
次に傾斜によってどのような球筋になりやすいのかを予測しましょう。
おおまかに言ってしまうと、”上がりは左。下がりは右。”と覚えましょう。

左足上がりは右に残りやすいので引っ張りやすく、つま先上がりは引っ掛けやすい。
パッティングでは、上りのフックライン。
左足下がりは左に突っ込みやすいので押し出しやすいく、つま先下がりは開きやすい。
パッティングでは、下りのスライスライン。
ショット時とパッティング時において表現する言葉が違うので難しいのかもしれませんが、共通する言葉または表現であれば言葉の整理をされると情報解析能力がより高まります。

黒田正夫

Page Topへ