クラブヘッド(フェース面)がボールを打つことを忘れない

クラブヘッド(フェース面)がボールを打つことを忘れない

クラブヘッド(フェース面)がボールを打つことを忘れない。誰しもが、出来るだけ遠くに飛ばし、ミスショットは軽減させたい願望を持っているのですが、なかなか実現出来得るものでもないのはご承知のことでしょう。ただ、自身のスイングを構築していくプロセスにおいて、これだけは忘れて欲しくないのは、クラブヘッド(フェース面)でボールを打つことを忘れないということです。
今回はそれについてのお話です。

巷に出ている情報はすべて正しいものです。スイングにおいても誰かが実践していて、ここに気をつけると、こんな効果がありました、上手くいったので試してみてくださいといったようにヒントを与えてくれているのはいいのですが、お腹いっぱいになり過ぎるくらいにヒントがあり過ぎて、逆に整理や処理ができなくなって悩ましくなっているようでしたら、本質を見落とす前に立ち止まって、余計な贅肉を削ぎ落としてから次のステップにいけるようにしましょう。

クラブという道具を使うからこそ、道具を動かす身体の動きが大切なのであることは当然なのですが、身体の動きの形ばかりに気が行き過ぎて、クラブを振ることが出来ても、クラブヘッドを正しく使えているかということが抜け落ちていないか今一度確認しましょう。

打ち出しが合っていて、ボールがターゲットに正しく飛んで行っても、ボールが大きく曲がってしまうようでしたら、クラブヘッドつまりフェース面の使い方に問題が発生しています。クラブヘッド(フェース面)の使い方が正しく出来ているかに注目するといいでしょう。クラブが変わっても弾道がある一定方向にある程度の幅で曲がるようでしたら、あまり気にする必要はないのですが、気をつけないといけないのは、スイングの形がキレイでも、飛距離が出ず、ウッド系は左に行き、アイアン系が右に行くような傾向でしたら、まずはクラブの使い方が理解できていないことが問題になっているかもしれません。

クラブヘッドは先(トゥ側)が重く出来ている関係上、ダウンスイング時にはトゥ側が地面に向かって重さで倒れながら落ちていく動きを使っているのですが、これを使えきれないとフェースの向きが元に戻らないので、ウッド系のフェース面はシャフト軸線より飛球線寄りに付いていることが多く、アイアン系は飛球線後方、いわゆる“グース”が付いているクラブヘッドがフェースが開き加減で落ちてくるため、ヒール寄りでインパクトしてしまうことになります。これがひどくなり、シャフト軸線近くになると、ウッド系はインパクトに衝撃で強制的にフェースが返ってしまい、ボールは左に飛んで左に曲がっていき、いわゆるチーピン球になります。アイアン系はシャフト軸線に当たりやすいので右に飛んで右に曲がる、皆が嫌がるシャンク球になります。こうならないためにも、クラブヘッド(フェース面)がどのようにボールに当たると効率よく飛んで行くのかをプラスしていきましょう。

曲げたくない気持ちや、取り入れている情報からフェースローテーションを抑え過ぎていることがあるようでしたら、それも原因かもしれないので注意が必要です。なぜ、フェースローテーションを抑え過ぎるとこうなってしまうのか。それは抑え過ぎてしまうと必然的に、ヘッドスピードが上がらず、インパクトの衝突も弱くなるので無駄な力が入るようになり、軌道や入射角さえも壊していくことになるからミート率も徐々に落ちてくるからです。

このようにクラブを無視した的外れな身体の動かし方を基にしたスイング作りをしていると、ラウンドでも通用しないものにもなります。こうならないためにもインパクトはクラブヘッド(フェース面)がボールに衝突した瞬間でしかないため、結果どこに当たっているかをワンショットずつ確認し、フィードバックに役立てるようにするクセはつけておき、常にクラブヘッド(フェース面)の動きと身体の動きがマッチしているかを一緒に考えられるようにしましょう。

黒田正夫

Page Topへ