グリップ圧の変化に注目

グリップ圧の変化に注目

ミスショットをするとよく「力が入った」などと聞いたり、思ったりしたことがあるでしょう。この場合、思いのほかスイング時に無駄な力が入ってしまったというのがミスの原因のひとつに挙げられますが、ゴルフボールを遠くまで飛ばそうと思えば思うほど、こういう結果は起こりやすいもの。今回は、無駄な力の正体のひとつ、グリップ圧の変化に注目してみましょう。

クラブとの唯一の接点、これはグリップということになりますが、握り方が大事なのはご承知のことでしょう。ただし、見かけだけで握っているとクラブが上手く振れないどころか、インパクト時に当たり負けしてパワーをしっかり伝えられないということが起きます。しかしながら、握り方が理に適っているのに弾道の急激なバラツキが出ているようでしたら左右のグリップ圧のバランスが極端に悪くなっているのでチェックが必要です。

グリップ圧が極端に強い場合、筋肉や関節が硬く使われ、手首が固定され動かなくなりやすいため、インパクト時のリリースが遅れやすく、スライスしやすくなります。さらに、シャフトの撓りを使いづらいため、ヘッドスピードの割に飛ばないことが多く、ボールも上がりづらくなります。これを改善するためには、ワッグルがいいでしょう。ワッグルとは、グリップをした状態でクラブヘッドを揺らし、手首が動くかどうかチェックすることですが、リズム感も出しやすいので力が入っているなと感じたら試してみましょう。

グリップ圧が極端に弱い場合、手首がフリーになり、クラブの運動量が上がることはいいことなのですが、あまりにもグリップを弱く握りすぎているとインパクト時の衝撃に耐えられなかったりすることもあり、当たり負けした弾道になりやすくなります。このようなことは、女性の方や低学年のジュニアに起きやすい傾向もあるので、こういう傾向にある場合はグリップ圧をしっかりめにしてみるといいでしょう。

左右のグリップ圧が極端に違う場合、よくあるセオリーでは、右手が悪さするので右手は握らない、または添えておくといったことが言われていますが、これは右手が極端に強く握り過ぎている人向けに言われていることであるのですが、鵜呑みにして守りすぎてしまった結果、アドレス時に片側のグリップ圧だけが極端に高くなり、スイング中、特にバックスイング時とダウンスイング時にグリップ圧が変わってしまう傾向に陥ることもあります。バックスイング中に思ったようにクラブが上がらない、ダウンスイングから力が抜けたり、入りすぎているようでしたら左右のグリップ圧を一定にしてその圧を変えないつもりで振るようにしてください。その場合、アドレスでグリップをギュッとしっかり握った後、力を抜くと適度な加減になりやすくなります。右手が強いと感じたら右手で、左手が強いと感じたら左手で片手打ちをしてみるといいでしょう。片手では適正なグリップ圧でないと上手く振れません。自分のグリップ圧が左右どれくらいのものなのかをチェックしながら振ってもらえれば、感覚として覚えやすくなりますので試してみましょう。

ゴルフスイングはバランスゲームです。止まっているボールを飛ばすということは力を入れなくては飛びません。ですから力を抜いて振りなさいということは自らのリミッターを下げることにも繋がりますから、あえて言わせてもらうならば“力を込めて振りなさい”と言いたいと思います。ただし、スイング中のバランスが保てる程度にしましょう。バランスが保てないのはめちゃ振りなので注意しましょう。さらに感覚が解ってきたら、ショートゲームにも応用してみましょう。アプローチでは、グリップ圧をしっかりめにすると弾道は低くなり、弱めにすると高くなります。パターでは、転がるスピードや距離が変わりますのでテクニックのひとつとしてぜひ試してみてください。

黒田正夫

Page Topへ