シャフトの特性を生かそう(ドライバー編)

シャフトの特性を生かそう(ドライバー編)

ゴルフがクラブとボールという道具を使うゲーム。最初のうちはクラブがちゃんと振れるようにとスイングに特化した考え方を持ちやすいのですが、スイングが安定してくるにしたがって「クラブは何でもいい」といった選び方ではなくなってきます。クラブはヘッド・シャフト・グリップの3点の組み合わせでできており、さらにそれぞれのパーツの特性で成り立っています。今回はシャフトの特性を生かす(ドライバー編)というお話です。

現在では、ニューモデルが発売されても必ずカスタムシャフトもラインナップされるようになりましたが、一昔前のようにオリジナルシャフトがカスタムシャフトより劣っているといったものではありません。オリジナルシャフトのネーミングの周りを観察してみましょう。必ず有名シャフトメーカーの名前が刻印されています。つまり、そのヘッドに合わせて、そのヘッドを生かせる一番合ったシャフトは実はオリジナルシャフトであったりします。ただし、重さやヘッドスピード対応は万人受けするタイプであったりもします。ですから、ハードピッター以外は、いきなりカスタムシャフトを差してあるものより、まずはオリジナルシャフトの重さ、長さ、調子などのデーター確認&試打をお薦めします。

オリジナルシャフトが万人受けするタイプとするならば、カスタムシャフトは特化していると考えていいでしょう。ただし、オリジナルシャフトはヘッドの特性を考えて作られるものに対して、カスタムシャフトはシャフト単体に特性があるため、その特性がヘッドをより生かすか相殺させるかまたは殺すことになるかを考慮しなくてはなりません。前のヘッドにあったから今回のヘッドにも合うとは限りません。カスタムシャフトを選ぶ時はヘッド特性も踏まえて選ぶことをお薦めします。

そういった意味ではシャフトだけの知識だけでは自分に合ったクラブは探せないということにもなりかねませんが、ヘッドとの兼ね合いはひとまず置いといて、シャフトの重要な役割のひとつであるタイミングの取りやすさ、要は○○調子といったものですが、プレーヤーの振り心地に直結するものなので最低限覚えておきましょう。

シャフトの調子には大別すると元調子、中調子、先調子、ダブルキックの4種類ありますが、まずは手元の硬さ2種類、先の硬さ2種類と分けて考えましょう。切り返しに影響する部分が手元の硬さ2種類となりますが、主にシャフトの手元側に近い部分の撓りを指しています。切り返しでシャフトを撓らせられる人は硬め、シャフトでタメを作りたい人は柔らかめとなり、さらにバックスイングのテンポが速い人は手元硬め、遅い人は手元柔らかめとなります。次にリリースに影響するのが先の硬さ2種類となりますが、主にシャフトの先端側に近い部分の撓りを指しています。ヘッドの挙動が捕まりやすい&上がりやすい方向に動くのが柔らかめ、叩きやすい&抑えやすい方向に動くのが硬めということになります。

例えば、先調子と言われるシャフトは手元硬め、先柔らかめとなりますのでスイングテンポが速めもしくは切り返しで手元が撓らせられるが、リリースが積極的ではなく、捕まりが悪い人に向いている傾向になります。ただし、ヘッドの特性が重くて捕まりが悪いや軽いけど捕まりがいいといったヘッドであったりするとシャフトの挙動も“まったり感”や“シャープ感”といったものに変わりますが、最終的には、自分にとって“振り心地がいい”といったことが目安になるといっていいでしょう。振り心地が良くなれば気持ちよく振り切れるようになり、飛距離も期待できることに繋がるのでくれぐれもシャフト選びには重きを置いておきましょう。

黒田正夫

Page Topへ