ピントの合った”目線“の使い方

ピントの合った”目線“の使い方

コースに出て方向取りが上手く出来なかったり、傾斜があっても感じられていない人は、もともとの“目線”の使い方が上手く出来ないのか。または、コースと対峙することで少しずつ“目線“がズレて、コースのワナに陥ってしまい錯覚を起こしている場合があります。
今回は、ピントの合った”目線“の使い方についてのお話です。


ターゲットゲームであるはずのゴルフで一番大事にしなくてはならないのが“目線”と言っても過言ではないでしょう。さらに、同伴競技者からも指摘されるくらいのズレが生じる場合があることを考えても、コース上で一番大きく変えさせられてしまうのも“目線”と考えるべきでしょう。

このズレると怖い”目線“について、もっともやってはいけないこととして挙げられるのが、固定することです。目線がブレてしまうことを嫌がって固定すると身体の動きがギクシャクするとともに周辺視野が狭くなり周辺への配慮が出来なくなってきます。初心者であれば、アドレスでクラブフェースをボールに合わせたら、スイング中はボールを直視することなく、目線を使ってスイングを誘導していくくらいのことから始めるとダイナミックでナチュラルな動きをマスターすることができます。中・上級者でも調子が悪くなるとボールを捌こうとしたり、正確に当てたいという意識が働きやすくなります。こういう傾向になってきたら、意識的にターゲットを注視したり、ルーティーン時に頭の中で弾道イメージを作り上げるよう工夫してください。

ボールを探し出すことが苦手な人も目線がズレやすい傾向にあります。飛んで行ったボールの軌跡を見ていないや見ているだけといったものもありますが、ボールの落下地点周辺に来てもボールをフォーカスできない、ピントが合わないといったことが起きやすくなります。主な原因としては下を向いて歩いてしまうといったことが挙げられます。こういう行動を続けているうちに目を切るクセがつき、移動して角度が変わった瞬間に、どこに目印があったかさえも分からなくなり、ひどくなると傾斜さえも感じられず、見えているものは傾斜でも、すべて平面に感じてしまうことになっていきます。

例えば、本を読んでいて目の前の文字だけ読んでいるのと一緒で中心視野が大きく働いていて内容が全く頭に入ってこないことと同様な行動をさせられているのです。このような傾向にある人は、下を出来るだけ向かずにカートに乗らず、歩きながら最短でボールの所に移動して、周りの状況を確認しながらプレーするところから始めると目線の使い方を学ぶことができます。実戦的なのは、スタンドバックで担ぎプレーをしてみるのがいいでしょう。視野が広くなるとともに無駄な時間が省けるようになったり、いろいろ分かってくるとともにプレーの改善もされてくるので、最近その傾向になりつつあるなと感じていたら、スタンドバックで担ぎプレーをしてみましょう。

コースのワナに陥ってしまうことで目線がズレてアドレスの向きやボール位置が変わってしまっても気がつかない傾向にある人は、ターゲットに対しての意識はあるものの、ボールとターゲットを結ぶ飛球線と身体の位置関係および見え方に勘違いがあるだけなので、これは目線の使い方の技術の問題として修正すればいいだけになります。ボールとターゲットを結ぶ飛球線と平行に身体の位置関係がくるため、ターゲットは右斜め前に見える状態となります。つまり、身体の位置はターゲットより左に位置することになります。肩越しから目線を使う傾向があるようでしたらターゲットの左に身体のラインを合わせるポイントを設けることをお薦めします。

目線の使い方の良し悪しでプレーのリズムやスイングを崩してしまったりするのであれば、すごくもったいないこと。視野は広く取りつつ、フォーカスする時はしっかりと。くれぐれもピント外れのゴルフにはなりませんように。

黒田正夫

Page Topへ