ゴルファーの数だけ正しいスイングはある。

ゴルファーの数だけ正しいスイングはある。

「中部銀次郎の言い分」という本の中に
こんな言葉がありましたので紹介します。

「誰しも練習が必要なであるぐらいはわかっている。が、練習場に通う時間がとれない。クラブを握るのはコースに出たときだけという人が多いのだ。そういう恵まれない条件にもかかわらず、ラウンドすればやはり良いスコアを出したい。そう願うのがゴルファーなのであり、その願いを贅沢と呼ぶのは間違いというべきだろう。コースに出る以上、良いスコアを出したいと思うのは、ゴルファーの本能だからである」

「私たちがひとりひとり違う人間である限り、万人に共通する『正しいスイング』など存在しない。唯一絶対のモデルなどあり得ないのである。存在するのは、ただひとりひとりのゴルファーにとってだけの『正しいスイング」であろう。つまり、ゴルファーの数だけ『正しいスイング』があることになる」

自身のスイングスタイルを確立するうえで大切なことは、”気持ちよく・リズムよく・バランスよくクラブが振れているか”です。そのためにはどうすればよいか?それには身体の各部位にセンサーを張り巡らせることが出来れば、おのずと自身のスイングに対する答えが出てくるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ