“○○なり”でプレーをしよう。

“○○なり”でプレーをしよう。

コースでのプレーぶりを観察していると、バランスを崩すほど力んでしまったり、コースが求めている球筋を無視し続けていたり、クラブの機能を著しく阻害した使い方をしたりするなど、様々な頑張り方が目に入ってきます。結果、自分のスイングを含めた行いが悪かったのだからミスに繋がったと頭では分かっていてもまた頑張ってしまう。そんな残念なことにならないようにするため、今回は“○○なり”でプレーをしようというお話です。

バランスを崩すほど力んでしまう傾向にある人は、“コンディションなり”でプレーすることが出来ず、頑張り過ぎているのかもしれません。力感をコントロールすることもなく、身体の調子など度外視してすべてを全力で行ってしまうことは、例えば車でいったらアクセルをフルスロットル状態にし、ハンドル操作を一歩間違えれば大変な事故に繋がることと同じことをしているので、ボールをコントロールすることが難しくなります。こんな傾向にある人は、現時点での出力はどれくらいがいいのかといった意識をもっと持ってプレーに臨むようにしましょう。スタート前に長時間の運転や寝不足などで身体がまだ起きていない場合や昼食後、温まっていた身体がレストランの冷房に慣れて冷えてしまったり、ラウンド後半に疲れが出てきたりといった具合にプレー中の身体の調子はいつも一緒とは限りません。さらにコース上もアンバランスなところが多く存在します。そんな状況にあることに対して意識が希薄にならないよう、“コンディションなり”や“コースなり”といった自然な対話が行えるようにしていきましょう。

コースが求めている球筋を無視し続けてしまう傾向にある人は、周辺視野が狭く、自分勝手過ぎるのかもしれません。周りが見えず猪突猛進ぶりのプレーや真っ直ぐな球筋にばかり意識が行き過ぎているのかもしれません。コースは練習場と違って必ず傾斜があります。つまり、“傾斜なり”で打つことがまずは前提となります。グリーンだけに限らず、それ以外のフェアウェイやラフ等でも必ずどちらかに曲がってしまう現象が起きます。そういったことを加味しながら、この場所からはどんな球筋が要求されているのかを考えてから自分の思いを駆け巡らせられれば違ったプレーが出来るようになるでしょう。

クラブの機能を著しく阻害した使い方をしてしまう傾向にある人は、道具に依存しすぎて、わがまま過ぎているのかもしれません。自分が行わなくてはいけない事由であるにもかかわらず、スライスするからといってクラブフェースを極端に左に向けたり、フェース面を真っ直ぐターゲットに合わせようとロフトを潰してしまったりしてしまうため、クラブ本来の顔を無視した構えになりやすくなります。当然、ボールが上がらない、クラブが刺さるなどといった本来の役目とは違ったミスが出やすくなるため、結局、帳尻を合わせるようなスイングといったものになってしまいます。クラブの顔も役目も知らずでは結果も伴いませんのでもっと相手(クラブ)を知って“クラブなり”とはどういったものなのかを考え、協調性を持って事に当たれるようにしましょう。

頑張っているのに頑張れば頑張るほどミスに繋がってしまうのがゴルフなのかもしれません。自分では上手くいかせることにあらゆる手法を使って全力を尽くしているつもりでも、効率が悪く、結果に結びつかないものは多く存在します。悩んだら、自分を知ること、コースを知ること、クラブ(道具)を知ることからもう一度始めてみると、どこかの部分で“○○し過ぎている”ことに気がつきます。常に“○○なり”で無理せず、自然体で構え、あらゆる状況を楽しんでいけるくらいのゴルフを目指しましょう。

黒田正夫

Page Topへ