ヘッドの特性を生かそう(ウエッジ・パター編)

ヘッドの特性を生かそう(ウエッジ・パター編)

ティーショットからセカンドショットと上手く繋いでもグリーン周りやパッティングで決め手がないと思ったようなスコアで上がれなくなります。パッティングを含めたショートゲームを苦手にしている方が多くいらっしゃる理由としては練習&技術不足が挙げられますが、その不足分を補う唯一の手段は道具に助けてもらうこと。今回はヘッドの特性を生かそう(ウエッジ・パター編)というお話です。

ウエッジやパターのヘッドの特性を知るとショートゲームは簡単になってきます。それだけお助け機能が満載に搭載されているということですが、まずは気になる“顔”から見ていきましょう。ウエッジを見て“顔”の違いがはっきり分かるのはネック周りの形状であったり、シャフト線上に対してリーディングエッジが出ているか否かといった関係性ではないでしょうか。このウエッジ特有の形状が構えた時に違和感があるようでは弾道のイメージは出しづらくなりますし、ヘッドの機能と自身の求めているものが違うのであれば結果も良くなりません。

ネック周りの形状は、手持ちのアイアン同様のものから合わせていくことが違和感をなくす第一歩です。ネック周りの形状にはグースネックからストレートネックといったものがありますが、優しさを前面に持ってきたいのであれば、グースネックをお薦めします。ヘッドの重心がより後方にあるためヘッドスピードが上げやすく、スピンも利きやすくなります。さらにハンドファーストインパクトがしやすいため、ヘッドは真っ直ぐ動きやすく、少々のミスヒットでもライン出しはやりやすくなります。

対して、シャフト線上に対してリーディングエッジが出ていれば、いわゆる“出っ歯”型のウエッジになりますが、これはボールの底辺にリーディングエッジを差し込める強みがあるため、ボールを上げやすく、高さで止めるのに向いています。

続いて、ソールのカットデザイン。“バンス”と呼ばれることも多いのですが、最近はソールのカット技術が一気に増え、バンス角が多いとフェースを開いて使いづらいといったこともなくなりましたが、自身のスイングの入射角と兼ね合いがあるので、どんなソール形状が自身に合うのかを試すようにしましょう。テクニックをあまり使わず、低く打ち出し、適度にスピンを掛けつつ寄せていきたいのであれば、グースネックでリーディングエッジはストレート、バンスは10度以上のウエッジを選択するのがいいでしょう。

次にパターですが、パターはヘッドの形状とネック形状が多岐に亘り、同じヘッドでもネックの形状が異なれば別物になりますのでゴルフ歴が長かったり、パターが苦手な人ほどパターの所有数は多くなったりするのではないでしょうか。そんなパターですが、まずは構えやすさを考えていきましょう。

他のショットに比べ、方向性と距離感が非常に求められ、決定率の優劣がスコアに直結するわけですからどこに向いているのか解らないパターであったり、座りの悪いパターは選ばないようにしましょう。パターも大型化され、ヘッド重量を重くすることでスイートスポットを多少外しても転がりが悪くなるといったことがなくなっているからこそ方向性が定まりやすいヘッドをチョイスしましょう。

さらにパターは他のクラブとあきらかに特性が違うものもあります。それが、フェース&トゥアップバランスといったものです。フェースの開閉を極力抑え、スクエアにボールをヒットできるようにしてくれているのですが、自然なストローク軌道がセミアークもしくはアーク状の方は自然なストロークを矯正してまで道具に合わせるべきではないでしょう。ショートゲームは豊かな想像力と感性が必要になってきます。それ故、自身が求めるイメージに答えるヘッドをチョイスしたいものです。

黒田正夫

Page Topへ