フォワードプレスを工夫しよう

フォワードプレスを工夫しよう

ゴルフの中からゴルフスイングだけを抜き出して考えた場合、いかにコース上の起伏に富んだアンバランスな場所から様々な重さや長さのクラブをバランスよく振れるかといったことが大切になるのですが、アドレス時の静止しているであろう状態からあきらかに動きだしているであろうスイングには“静から動”へのきっかけ作りとしてフォワードプレスが存在します。今回はそんなフォワードプレスを工夫しようというお話です。

ゴルフのスイングは上級者になればなるほど、“リズム・テンポ・バランス”を大切にしていきますが、それぞれを大切にしていく中で、フォワードプレスはリズム&テンポをスムーズに行なうためのアイテムといえます。このフォワードプレスとはどういう動作なのか。今現在、無意識に自然と行なわれていてスムーズなスイングに導いていかれているならば、名称だけを知るだけでもいいのでしょうが、効用を知っておくとことも大切なのでおさらいしておきましょう。

フォワードプレスは、アドレス(静)からスイング(動)にスムーズに移行するための“反動動作”のことを言いますが、この“反動動作”の中に自分のスイングを構築するうえでのヒントも隠されているので上手く工夫をしていきたいものです。ゴルフのスイングは、左右・前後・上下の重心移動の動きで成り立っています。アドレスは重心を安定させることが重要ですが、パワー&スピードを出すためには重心を移動しなくてはなりません。それを誘発させるきっかけがフォワードプレスとなるのですが、このフォワードプレス(=反動動作)がどの方向に行なわれているかが重要な鍵を握っています。

フォワードプレスの代表的な例は、グリップを飛球線方向に少し押し込み、若干のハンドファーストの型にさせ、その反動動作でスムーズにバックスイングを開始する方法がありますが、これはバックスイングへの補助動作として右手首の角度をも同時に作っているので有効とされています。このフォワードプレスが合う人は、左右に重心を移動するタイプとも言えるでしょう。チン・バック(=あごを飛球線後方に引く動作)も然りです。
ひざを曲げたり伸ばしたりする傾向がある人は、上下に重心を移動するタイプ。足(つま先やかかと)をパタパタさせる傾向がある人は、前後に重心を移動させるタイプともいえるでしょう。

ただし、ひざを曲げ伸ばしするだけでも左右・前後・上下の重心移動の動きは成り立っていますので、姿かたちではなく、フォワードプレス(=反動動作)がどの方向に行なわれているかを紐解いてください。つまり、無意識であろうと意識しながらであろうと、アドレスで重心を安定させたら(静)、気持ちの良いスイングに(動)に移行するために自分が一番パワー&スピードを出せるように行なわれているのがフォワードプレスということになります。アドレスした後になかなか動きだせない人や一昔前のロボットのようなぎこちない動きになってしまう人は、上手く反動動作ができていないから上手く動きだせない、または反動動作は取り入れていい動きだという理解があれば、リズムとテンポのあるバランスの良いスイングに近づけるはずです。自身のベストパフォーマンスを探る意味でもフォワードプレスをどの方向にどれだけ行うことがいいのかを工夫しながら取り入れてみましょう。それが見つかったら注意点はただひとつ、オーバーワークに注意すること。リミッターを知って、高次元で最大パフォーマンスを得ましょう。

黒田正夫

Page Topへ