ティーショットの曲りは同じ方向にしておきたい

ティーショットの曲りは同じ方向にしておきたい

コースによってアップダウンがきつかったり、ホール幅が狭かったり様々なワナが仕掛けられています。だからこそ、それがコースの特徴となり、面白さに繋がるものでもあるのでしょうが、その中にも左右がOB、または左右どちらかが池になっているプレッシャーのかかるホールが必ずあります。
今回はこんなホールを攻略するためにティーショットの曲りは同じ方向にしておきたいというお話です。

ティーショットが曲がる心配もなく、曲がったとしてもコースの幅でしかないのであれば、フェアウェイど真ん中を狙って打っていければどちらかに曲がっても問題はないはず。それではなぜ、ホールを攻略するために曲りは同じ方向にしておきたいのでしょう。経験豊かな人であれば実践されている方もいらっしゃることでしょうが、例えば左右両サイドにOBが続くホールがあったとします。その時にどちらにも曲がる心配をしていると上手く攻めることができません。しかし、どちらかであれば曲げられるまたは絶対にこちら側には曲がらないといった信念らしき決断があれば片側へのOBの心配もなくなり、かつ曲げ幅は大きく取ることが出来るようになります。

ロングヒッターはフェード気味に、ショートヒッターはドロー気味にといったものがセオリーと捉えられがちですが、実は曲りはどちらでも構いません。要は素直に打った結果どちらに曲がるのが素直なのか、またはどちらに曲がったほうが気持ちいいのかといったもので選択してもらえればいいでしょう。どちらに曲がったほうが気持ちいいのかっていうのも変ですが、よく解らない人はグリーン上でどちらの曲りが得意なのかまたはイメージが出しやすいのかを検証してもらえれば見えてくるのではないでしょうか。

スライス系のライン取りがイメージしやすい場合は、スイングの軌道がカット系、インパクトイメージがストレート、フェースローテーションが少なめであったり、フェースが開いて当たりやすかったり、入射角が高いところから低いところになりやすいのでスピンは多めになりやすい傾向になりやすく、逆にフック系のライン取りがイメージしやすい場合は、スイングの軌道がドライブ系、インパクトイメージがアーク、フェースローテーションが多めであったり、フェースが閉じて当たりやすかったり、入射角は低いところから高いところになりやすいのでスピンは少なめになりやすい傾向になりますから持ち球を作っていくうえでも参考になるでしょう。

ただし、気をつけないといけないのは、逆球にならないようにすることです。やり過ぎたミスはいいにしても、決断鈍くやれなかった場合に逆球になるミスを犯しやすいものです。こうならないようにするためにも自分を信じてプレーすることを最優先にしたいので、決め打ちが出来るくらいのメンタル面の強化もしていきましょう。

左右の曲りが許されないような狭く感じるホールこそ得意な持ち球で攻めていくことから始めていきましょう。コースから一旦出て行ってしまってから戻ってくるような曲がり幅であっても、ティーショットの曲りは同じ方向にしておきたいものです。あとは幅を狭めるように練習の課題としていただければいいでしょう。“持ち球”で“決め打ち”が出来るようになればコースの幅は広く使えるようになりますし、風へぶつけて止めたり、乗せてキャリーを稼いだりの影響なども出来るようになり、イメージ化しやすくなります。曲がりながらでもティーショットが安定することは今日イチで飛んでいったことよりもゴルフを楽にすることに繋がりますのでぜひ曲がりを利用できるようにしていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ