ラウンドスタート前の練習グリーンでは何個のボールを使うのがいいのか?

ラウンドスタート前の練習グリーンでは何個のボールを使うのがいいのか?

ラウンド前のパット練習はグリーンの速さなど、そのゴルフ場のグリーンの状態に目を配り、スピード感を身体にインプットし、ラインをそれに合わす練習をされていると思いますので、1個または2個が適正ではないかと思います。
まずは、1個でランダムにターゲットを見つけつつ、いろいろな距離を目で見たスピード感&距離感で体を動かすことを行います。

感性を導き出すための練習と言ってもいいかもしれませんが、同時に歩く動作が1打1打行われるので身体のウォーミングアップにもなります。
ウォーミングアップが終了したら、ランダムに見つけたいろいろな距離のターゲットに対し、実戦並みに1個のボールをマークするところから始め、ライン読み、素振り、本番とラウンドするときと同じルーティンで行います。
リズムを作るための練習でもありますが、ラウンド中にも同じようなシチュエーションになるケースがあるはずなので一度経験しておくことが大切です。

最後に1個または2個のボールを使って、ショートパットの練習で締めます。
スピード感&距離感がつかめたら傾斜のある場所を選んで、2~1mの短い距離を本番と同じルーティンで行い、ライン合わせの練習をしましょう。
徐々に距離を短くしていき、カップインを繰り返し、自信を持ってスタートしてください。

黒田正夫

Page Topへ