グリップの長さを調整してミート率を上げよう

グリップの長さを調整してミート率を上げよう

ドライバーで左手の小指をグリップエンドぎりぎりに掛けてクラブを目一杯長く持っている人を見かけますが、これはスイングアークを最大限にし、さらにヘッドスピードを最大限上げるという意味ではひとつのテクニックなのでしょう。しかしながら全てがこれで、ミート率が落ちているようでしたら見直しが必要です。今回はグリップの長さを調整してミート率を上げようというお話です。

ゴルフは縦のコントロールがとても重要です。上達を確認するうえでも横の幅よりも縦の距離感を大事にしてもらうといいでしょう。クラブを目一杯長く持ってプレーすること自体は決して悪いことではありません。自身の最大限の飛距離を求めるのであればクラブを目一杯長く持つことは目的に応じて行っているわけですから理にかなっているわけです。それでもミート率が悪くなってしまったり、飛ばすことは出来ても距離をコントロールすることが出来ないのであれば、ミート率との調和を取るためであったり、飛び過ぎないように距離をコントロールするためにも必要に応じてグリップを短く持つということが理にかなっているということを理解できれば自ずと今までよりも短く持つことができるようになってくるはずです。

しかしながら、長く持つことに慣れている人の中にはどうしても短く持つことに違和感を持つ人もいます。こういう人は左手の小指を支点にし、絞り込みによってクラブの切り返しを行っているので左手の小指がグリップエンドの一番太いところに絡ませておき、しっかりグリップされた状態をキープしたいわけですからそのままで構いません。そのため、すべてのショットをフルショットで対応することが多くなってくるので、曲げ幅であったり、力感のコントロールを大事にしていくことで距離のコントロールをしていきましょう。グリップは先端になるほど細くなっていますので、その形状によって短く持ちたいのに右手側に違和感があって仕方なく長く持っているのであれば、右手側の下巻きテープを重ね張りして太くしたり、初めからそのようなテーパーレス形状のグリップに差し替えるということも検討していただく事が大切です。

短く持つことに違和感がないのであれば、グリップの幅をすべて使い様々な位置で握ってスイングしてみましょう。短く持つにつれスイングアークが小さくなり、自然とコンパクトなスイングになりやすくなります。また、シャフトの撓りが抑えられ、抑えた弾道になりやすくなり、スピンの利いた弾道でなってきます。グリップは細くなりますが、細くなることで球の捕まりも良くなります。さらに、カウンターバランスになるためクラブの質量が変わらないにもかかわらず、クラブが軽く感じられ操作も容易になります。つまり、短く持つことで様々な恩恵を得ることができ、スイングやアドレス、フェース面の使い方を大きく変えて距離をコントロールしようとしなくてもクラブの運動量に変化を持たせることで弾道に変化をもたらせることができるということを知識として持っていることで傾斜地であったり、番手間の中間距離であったりしても余裕のあるスイングを行うことが出来るようになります。

ティーグラウンドでのティーショットはティーアップすることで自らの最高なライでスイングに挑めるように条件を整えられやすいところですが、セカンドショット以降は間違いなく最高なライは望めません。そんな条件下でショットをしなくてはならないわけですからクラブを長く持って上手くいかないようでしたら、ぜひ短く持ってみましょう。アプローチなどもクラブヘッドの重さを上手く利用できないのであれば、シャフトとの境目ぐらいを握るくらい短く持ってみましょう。次のラウンドでは必ず、良い変化が見られるはずです。

黒田正夫

Page Topへ