ゴルフは自分と向き合うことから始めよう。

ゴルフは自分と向き合うことから始めよう。

「ゴルフの結果はイメージどおりのストロークの連続で得られる自信から生まれてくる」と言われています。
打球がラフに止まっても、思ったとおりに振れた結果なら次のショットには前向きに臨めるからです。
思いどおりのストロークを続けられた満足感は、心の中で静かに自信に変わり、そうなったときに自信に満ち溢れたショットが出るようになります。

ゴルフのミスはコースに対して犯すのではなく、自分に対して犯してしまうものなのです。自信を失う原因も、自分の内側にあるのです。

完璧なストロークをしても、完璧な結果に至ることがほとんどないのが自然が相手のゴルフの本質。それを無視して結果だけをほしがる気持ちに負けると、自然がもたらす結果に振り回されてしまいます。思いどおりに振れても、満ち足りた気持ちが得られないなど、喜びの少ないつまらないゲームになってしまいます。

ゴルフを常に楽しむためにも、まずは自分のプレーに集中しましょう。結果を先に求めず、どう振るかをしっかりイメージし、そのイメージどおりに振り切る=自分に対してミスをしないプレーに没頭すること。その勇気を持ち続ければ、自信が静かにわいてくるでしょう。
ゴルフは「自分と向き合う」ことから始めるとゴルフの成長も大きく伸ばすことができるでしょう。

黒田正夫

Page Topへ