意図してミスするのがテクニック

意図してミスするのがテクニック

練習場ではいい感じでもコースでは真っ直ぐ遠くへ飛ばし、ピタッと寄せたいと思ってもコースはそうさせてくれません。ミスの連続といってもいいくらい思うようにいかないと感じることでしょう。リカバリーしなくてはならない時ほどテクニックに走りやすいものですが、火に油を注ぐ事のないようにしたいものです。今回は意図してミスするのがテクニックというお話です。

ボールは自分のスイング技術のみならず傾斜や風などの環境条件によってもボールは曲がります。つまり、フェアウェイ真ん中やピンを狙ったとしてもそこに到達させることはなかなか難しいことであるのは誰しも分かるはず。しかしながら、プロや上級者と一緒にラウンドすると、同じような場所から打っているのにもかかわらず、ボールが一直線にターゲットへ飛んでいく。または常に同じような弾道軌道を描いて飛んでいくといったことが目の前で見せつけられてしまうものだから、脳裏にも残っていてイメージだけが先にあるはず。だからこそ、同じようにしたいといった願望を持つのは大事ですが、まずは視点を変えない限り同じようにはいかないということを頭に入れておいてください。

それでは、なぜプロや上級者のようにいかないのでしょう。それは、意図してミスすることが出来ないからです。傾斜やライ、風等の環境条件を踏まえ、クラブの特性と自分の調子や持ち球などをプロや上級者のように考慮してスイングしているかと問われたならばそうではない事の方が多いはず。残り距離だけを見て打っているようでしたら、もう少し観察しどのような弾道が出やすいのかを予測し考えるようにしていきましょう。アプローチやバンカーなどで“こうしなければならないとういう”セオリーだけしか頭になくどんな場面でも同じ行動を起こしていて、条件があった時だけ成功し、それ以外はミスになっていることをスイングミスで片づけていることに疑いがないようでしたらさらに要注意です。

例えばバンカーの場合、ガードバンカーとフェアウェイバンカーでは打点が違います。ガードバンカーの場合は最下点が砂の中にするため、足を埋めたり、フェースを開きバンスを多く使うようにしたりして、わざと打点を下げてダフッたショットを誘発しています。フェアウェイバンカーでは、ダフッたショットは厳禁なため、ポジショニングを工夫し、入射角を鋭角にするため軸を左に傾けたり、ボールを右めに置いたり、レベルブローで捉えられるよう少し離れたり、クラブをかなり短く持ったりして打点を上げ、トップぎみに打つようにしています。

つまり、プロや上級者が様々な傾斜や風でもターゲットにまっすぐ飛んでいく球を打っている場合は、バンカーショットを例に挙げるまでもなく、フェースの向きやスイング軌道、入射角を変えながら、意図してスライスやフックを打って相殺させているのです。どんな弾道を打ちたいのかどんな弾道が出やすいのかすり合わせをし、この場合はどのようなスイングをするとそのような弾道になるのかを練習することが大事になります。逆に真っ直ぐなボールを目指して常に一定のスイングを目指しているのであれば、環境条件で曲がる弾道になるのが自然です。曲がらなかった場合は、意図せずスライスやフックを打ってしまっているということです。

“曲げずに曲がる”ショットを打つだけではなく、意図したミスショットを打つテクニックを磨いて“曲げながら曲がらない”ショットを打っていくようにもしましょう。そのためにはミスショットを分析し、どのようにするとそのような弾道になるのかを練習場でも確認しておくことがラウンドで通用するスイングのスキルアップには大切です。

黒田正夫

Page Topへ