ゴルフコースでは自分が打てる球筋を選択しよう。

ゴルフコースでは自分が打てる球筋を選択しよう。

月に1~2回のラウンド!出来るだけいいスコアで廻りたいものです。
しかしながらスコアを気にせず、練習と割り切ったラウンドをしてみたことがあるでしょうか?
練習場では”平らな場所”が前提ですが、コースでは”平らではない場所”が前提となりますから、いろいろなことを試すことが経験値を高め、「ラウンド力」を上げることにもなるんです。

ゴルフコースに出たらバランスをとることの大切さは、どんなショットにも共通です。
ドライバーもフェアウェイウッドもアイアンも、どんな傾斜でもバランスよく振れればミート率が上がり、よく飛ぶようになるのです。

そのためにも、「打てる球筋」を選択することが大切になってきます。

「打てない球筋」に挑んで大きなミスショットをすると、その記憶が残ります。
大きく曲げてしまった次のショットは「曲げないように打とう」という意識が生まれ、フェースを直角に当てようとし始めたりするのです。
どんなレッスン書でも「よくない打ち方」と指摘される「当てる打ち方」をするようになるリスクが生まれるのです。

刻むことを選択しても、ナイスショットが打てればスイングに対する不安が残りません。
ナイスショットを続けるほど自信を持って振れるようになり、スイングがどんどんよくなる、という期待が持てます。大きなミスをしないで打ち続けてください。

黒田正夫

Page Topへ