フットワークは自然に!

フットワークは自然に!

ゴルフスイングは下半身主導で行うといわれています。つまり、腰やおしりも含めフットワークを使ってスイングしようということですが、どのようにフットワークを使えばいいのかが分かりづらい。フットワークは足を動かせばいいというものでもありません。動かせば動かすほど、使えば使うほど問題が発生してしまう人もいるでしょう。今回はフットワークについてのお話です。

巷の情報では飛距離を出したければフットワーク(足)を使う。または下半身主導でスイングすることが大切と説いています。このメッセージ自体は間違いではありません。腕だけに頼ったスイングになりやすい人やスイングする順番がバラバラな人にとっては有益で、必ず実行しなくてはいけない項目のひとつとなります。しかしながら、下半身主導という言葉に感化され過ぎてリズム、タイミング、バランス、力感を失ってしまっている人もいます。この場合はオーバーワークになっている可能性がありますので注意が必要です。

ある程度クラブを滑らかに振る事ができるようになっていれば、自然にフットワークができたスイングをしているといっても過言ではありません。とはいえ、スイング中の下半身の動きを感じ取ることはできても、客観的に見ることはなかなか難しいものです。そういう人はスイング時において自身の下半身がどのように動き、上半身への連動が行われているのかを鏡や動画などでチェックされるといいでしょう。

スイングのタイプによって異なることになりますが、人それぞれフットワークの違いがあることはお解りでしょう。注目するべき点として、まずはヒザの動きを見ると解りやすいかもしれません。ヒザは左右、前後、上下に使うことになります。スイング中、ヒザを左右に寄せて使うタイプ、歩くように前後に振り出して使うタイプ、沈んで伸びるまたは伸びて沈む、あたかもジャンプするように上下に使うタイプがあります。もちろん、3つの動きの組み合わせになるので、一番動きやすい動きがどれなのか、メインの動きを探し出すことが重要です。

また、バックスイングからフットワークを使い続けることを意識している人もいれば、切り返しから意識して使う人、バランスを重視しつつ粘りながら使う人もいます。どのタイプも正しいので自身がどういうタイプなのかを見極めるようにしてください。
フットワークの役割はリズム、タイミング、バランス、力感から成り立っています。リズム・タイミングを考えると初動動作、きっかけ作り等と考えてもらうといいでしょう。バランス・力感を考えると踏み込む、踏ん張る等と考えてもらうといいでしょう。こちらもどの感覚が自身に合うものなのかに気を配ってください。

フットワークは必要に応じて行うことがベストではありますが、フットワークが使えず腕の力で振るクセのある人はオーバーワークになるくらい動かしてみましょう。振り幅を変えるつもりがなくてもボールはいつもより遠くに飛んでいくことになるでしょう。逆の場合はもっともっとと欲張り過ぎる傾向になるのでスイング全体のバランスを考え、オーバーワークにならないよう努めてください。

黒田正夫

Page Topへ