逆手グリップ(クロスハンド)を試してみよう

逆手グリップ(クロスハンド)を試してみよう

最近、パターの握りを逆手グリップ(以下 クロスハンド)にしているプロが目立ちます。ワールドランキング1位のプロ、男女ともにクロスハンドだったなんてことも。しかしながら、プロでは市民権を得ているクロスハンドでもアマには今ひとつ浸透していないようです。スコアを作るのはパッティングといっても過言ではありません。今回はクロスハンドを試してみましょうというお話です。

少し前まではクロスハンドにするとパッティングに難があり、上手くない人の象徴だったりした時期もありましたが、現在では普段は順手グリップを採用していても練習ではクロスハンドを取り入れているプロも大勢いますし、練習で良ければそのまま採用するプロも大勢います。このように順手に拘らず、上手くいかせるため、結果を出すためのひとつの手段として考えれば、「かっこ悪いなぁ」と思うこともなく、これもありだなと思えてくるようになるでしょう。

それではクロスハンドにはどんな効用があるのでしょう。順手グリップと比べると左手が下になって握るため、左腕とパターを一体化させやすく左肩を支点に引く力を使いやすくなります。つまり、ゆっくり振ってもフォローが出しやすくなるメリットがあります。また左手がガイド役になるため手首をこねたり、ローリングしづらいのでフェース面を管理しやすくなりますので方向性が良くなります。さらに、グリーンの速さが早くなればなるほどストロークの幅は小さく、ゆっくりになるので軽いヘッドを開閉させて打つことよりも、ヘッドが重いフェースバランスのパターの方が合いやすいといったことも

このようにメリットは多いのですが、デメリットはないのかといった声も聞こえそうなのでデメリットらしきものもお伝えしておきましょう。よく言われることはロングパットに向かないといったことが言われますが、この辺りはバックスイングが小さくなりやすいので左肩および肩甲骨の使い方や右手首の使い方を少し工夫してもらえれば克服は簡単です。それでも上手くいかない場合は、ロングパットは距離感を重視して順手で行い、ショートパットは方向性を重視してクロスハンドで行うといったように目的やパターの特性に合わせてもらうことがいいでしょう。

クロスハンドにしたのに方向性が安定しない場合はアドレスで肩が被っていないか確認してください。左手が下になることで両肩は水平を保ちやすくなるのですが、左手でリードしようとしすぎて力が入り過ぎると左ヒジを突っ張ってしまうことになります。そうすると左ヒジに引っ張られて左肩が被ってしまうので注意が必要です。バックスイングがインサイドに上がり過ぎていたり、フォローで詰り感が出ていたり、トップ目や右にプッシュ目のボールが転がるようでしたらSOSが出ていますからチェックが必要です。

どのような握りであれ、結果が問われるのがパッティング。結果が出ない時はストロークの改善だけを図るのではなく握りから変えることで新鮮なイメージでパッティングに臨めることになります。
クロスハンドにする一番の理由はここにあるのではないでしょうか。結果として順手に戻したとしても悪いイメージが少しでも払拭できているのであれば、試した価値があるというものです。
ショットでもアドレスで左肩が開くクセのある人やスイング時に左脇がルーズになってしまう人には矯正の意味でも有効ですからぜひお試しください。

黒田正夫

Page Topへ