左ヒジ、抜いていませんか

左ヒジ、抜いていませんか

ラウンド後半になればなるほど、みるみるショットが悪くなり、飛ばない&曲がるを連発する人をコースではちょくちょく見かけます。当の本人は「こんなはずじゃない・・・」と思っているはず。なぜそうなってしまうのでしょう。そこには思い込みや勘違いが存在します。今回はよくあるパターンの代表格、左ヒジを抜くことに注目して話を進めてみましょう。

グリーン周りのアプローチで左ヒジを抜いてフェースローテーションを抑え、少しスライス回転を掛けてスピンで止める。こんなテクニックやってみたいですよね。テクニック?アプローチの基本じゃないのと考えている人は思い込みや勘違いしている可能性が限りなく高いので注意が必要です。テクニックを使っていることを認識している人は必要な時に繰り出してもらい、多用しないように注意すれば大丈夫です。

左ヒジを抜くというのはインパクト直前からフォローにかけて左ヒジを鞘を納めるように背中側に引いてグリップエンドを左わき腹に沿って動かすように使います。こうすることでインパクト直前からクラブヘッドをカット軌道にし、左前腕部を回旋しづらくすることでフェース面も連動して返らなくなり、結果、ボールはフェース面を斜めに使うことになるので、少しスライス回転が掛かりスピンで止まる球が打てるのです。

左ヒジを抜くことをアプローチの基本と考えている人は、フェード打ちの人に多く存在されていると考えられます。ロングショットの延長線でアプローチがなされているのであればインパクトゾーンでのクラブの動きは近い動きになるので、ラウンド中にアプローチをすればするほど、どんどんボールが捕まらなくなり、スピン量が増えて飛距離も出なくなり、調子を落としてしまうパターンに陥るということもないでしょう。もしこのパターンに陥っているのであればやり過ぎている傾向になります。この場合、放置して重症になってくると、アプローチでのトップ&シャンクにも繋がっていきますので注意が必要です。

ドロー打ちの人は左を嫌がった結果で片づけがちですが、その後のショットの弾道がスライス系でスピン量が多い弾道になり過ぎてきているようでしたら左ヒジの使い方に問題が発生している可能性が高いので見直しが必要です。さらに左に引っ張り込んだヒッカケが出ているようでしたら、かなりの重症となりますからクラブの握り方からアドレス、そしてクラブの使い方、腕の使い方を一から見直し、どこかが極端にズレていないか、アプローチでインパクトゾーンの整理を行うようにしましょう。基本的にはスイングの最中に何かをするのではなく、アドレス時のグリップや身体の向き、クラブフェースの向きやボール位置を変えるところから始めて、同じスイングをしているのにセッティングを変えたことで弾道が変わったとしていく方が好ましいでしょう。

しかしながら、腕の使い方、特に手首とヒジの使い方によってフェース面および入射角と軌道を管理することができます。腕をどのように動かすとクラブの動きがどのようになるのかを理解しましょう。適度に使い分けるということは技術の上達にも繋がります。
アプローチではボールの転がりをコントロールすることが求められています。左ヒジを抜くということはボールの転がりを抑えるということに繋がります。状況に応じて行うテクニックのひとつであるということを頭に入れ、決してアプローチの基本であると間違った認識を持たないようにしましょう。

黒田正夫

Page Topへ