2パット以内で終わらせるには

2パット以内で終わらせるには

スコアカードにはそのホールごとのスコア以外にパット数を書く欄があります。この欄は数字のマジックにもなりやすいのですが、人によってはその欄に3以上の数字を書くことはメンタル面に影響を及ぼしてしまうほどであったりもします。今回は2パットで終わらせるためにはどんなことを考えながらプレーすればよいかというお話です。

まずはパット数だけ数字の一人歩きをしないように心掛けることが大事です。3パットだったとしてもグリーンに乗せた場所があまりにも難しい場合もあります。この場合は3パットを悔やむのではなく、その前のショットに問題があるわけですからそちらを分析するようにしましょう。
また、グリーンの外からショットが直接カップインした場合は、スコアカードには“0”と書き込まれることになるのでアイアン、ウェッジと同様、パターで打ったとしてもパット数には反映されません。このように、分析の仕方によっては数字に矛盾が出てきますので単純に数字だけを比較するには注意が必要になります。

しかしながら、2パット以内には収めたいのはプレーをするほとんどの人の願望であることは間違いないでしょう。グリーン上にマウンドがたくさんあって大きく曲がるラインであってもグリーンが2段、3段になっていて高低差が激しくてもその願望は変わりません。変わらないどころかそのような状況であればあるほど願望が強くなることでしょう。

そのためには“距離感”を作り上げることが大切です。縦の距離がズレるということはその残った距離分曲がったことと同じことになります。
正しい距離感を養うためには、正しいインパクトを迎えなくてはいけないわけですが、それ以前に正しいジャッジがされないといけません。ボールからカップに対しての飛球線方向だけでなく、どのような高低になっているのか、カップの傾き具合はどうなっているかなど様々な角度から観察することが求められます。情報収集に努め、漫然とグリーン上に佇んでいないように注意しましょう。

次にパッティングストロークにおいて“距離感”を作り出すポイントは2つ。振り幅かスピードのどちらかをメインで構築していくといいでしょう。振り幅とは文字通りストロークの振り幅の大きさ。振るスピードは等速で振る大きさによって距離が変わります。この場合、基準となる距離、振り幅を練習グリーンであらかじめ作っておき、それに基づいて歩測をし、数字をはじき出して振り幅に反映させます。デジタル方式ともいえるため、距離をジャッジしてからラインを合わせるといいでしょう。

スピードとはボールスピードをコントロールするためにどのくらいのヘッドスピードが必要かが重要になるので、そのスピードを得るに必要な振り幅になります。練習グリーンでは、グリーンの転がる速さに対してボールのスピードをマッチさせていく作業が大事になってきます。スピード感覚が大事でアナログ方式ともいえるため、ラインに合わせたスピードを作り出せるようにしましょう。

基本的には入れることを想定していきますが、非常に困難なラインである場合は、次のパットをどこに残した方が得策かまで先手を読んでプレーすることも3パットしないマネジメントになります。「パットに型なし」とはいうものの結果が求められるものであるが故、パッティングについては型にハマった方がいいか、そうでない方がいいのかは人それぞれになります。いろいろ試し、より良い結果が得られるようにしていきましょう。

黒田正夫

Page Topへ