ポスチャー(姿勢)は自然体で

ポスチャー(姿勢)は自然体で

ゴルフコースは練習場と違い平らなところがほとんどないことはご承知でしょう。傾斜でもバランスよく立てているかはスイングの成否に大きく関わってきます。スイングするうえでグリップを含めたアドレスはとても重要です。アドレスの中でもポスチャー(姿勢)もグリップ同様、骨格に沿って立つことがとても重要となります。今回はポスチャー(姿勢)についてのお話です。

ポスチャーのセオリーについても背筋を伸ばし、お尻を突き出すように骨盤から曲げて前傾、ヒザを軽く折り、拇指球に荷重する、あごを上げて下目使いでボールを見るというのがポスチャー(姿勢)の作り方でよく言われることです。しかしながら、その姿勢が窮屈に感じ、スイングするとどこかが痛むようなことでは本末転倒になってしまいます。ポスチャー(姿勢)の目的はどんな状況下でスイングしても安定した球筋を得ること以外にも自分の身体に負担のかからない型を見つけることも重要ですから、セオリーがある程度出来るようになったら無理のない自然体に近づけられるようにしていきましょう。

自然体で立つとは、重心が前後左右上下に偏らず、安定している状態を指すのですが、まずは自分のことが解らないといけません。チェック方法は簡単です。壁を背に両足を閉じて立ってみてください。ちょうど、身長を計るときに立つ感じだと思ってもらうのがいいでしょう。その時に足の裏のどこで立っているか。右足寄り、左足寄り、左右均等か、外側、真ん中、内側か、かかと、土踏まず、拇指球、そしてそれぞれの中間かをチェックしてください。バランスが取れているところがポスチャー(姿勢)の起点になります。そのバランスが取れている状態を崩すことなく維持することを前提としましょう。

次にスタンスを広げます。スタンスの幅は左右のバランスが取れていることを前提とし、肩幅程度から広くなるか狭くなるか。無理に広げたり、狭めたりする必要はありません。自然に広げてすぐに動きだせるかを確認してください。

最後に前傾をしましょう。前傾は前後のバランスが取れていることが前提となります。前傾が深くなるにつれ膝も深く曲げることになります。ここでも無理に前傾を深くしたり、浅くしたりする必要はありません。前後のバランスが取れているかが大切です。注意しなくてはならない点は、前傾すると重い頭が下がっていくので、あごを引いて胸に近づけないように、首筋から背骨にかけたラインをキープすることを心掛けてもらうことが良いでしょう。

このようにしていくと自分の骨格で立てるようになってくるので、重心がどこにあるかいつも意識できるようになります。つまり、コースにある傾斜でも状況に応じた構えができるようになってきます。いつでもどんな場所でもスイングできるようなポスチャー(姿勢)を目指しましょう。

黒田正夫

Page Topへ