一体感のあるグリップにしよう

一体感のあるグリップにしよう

グリップの仕方は千差万別といっていいでしょう。人によって骨格、利き手、握力、指先力、手首の力等によって左右の手のパワーバランスが違ってきていいのです。よどみなくクラブが振れるか、効率のよい力加減はどんなものなのか、自分の傾向を知ることは上達するうえでとても大切なことになります。今回は一体感のあるグリップとはというお話です。

一体感のあるグリップの代表例としては、左手のこぶしは2個くらい見えるようにし、両手の親指と人差し指の付け根のV字が右肩を指すようにとか、左手の中指・薬指・小指の3本でしっかり握って右手は添えるだけ、左手は親指と人差し指で握って右手は中指と薬指の4本で握る、指先で引っ掛ける、手の平で挟む等、どれも見た目や感覚について正しい表現がされています。

最初はこのような人の感覚を表現したものを取り入れながら探っていくことになるのでしょうが、注意しなければいけないのは、「こうしなければいけない」と見た目だけ合わせて質が伴わない、つまり合っていないものにならないようにすることです。といっても自分に合っている表現を自分で探さないといけないところが難しいところであり、もしかすると合っている表現がないかもしれないのですから、自分の感覚を信じて創り上げることも視野に入れておくべきことでしょう。

自分のグリップを見直したり、迷った時には、左右どちらかの手だけでクラブを持って、振って、ボールを打ってみましょう。どういうふうにクラブを持つと、振りやすく、インパクト効率がよいかが解ってきます。人によっては指先側で持った方が安定して振れるということもあるでしょうし、手の平側や指の付け根で持った方がよい結果が得られることもあります。

フィンガーグリップと呼ばれるように指先で握った場合で、且つ親指が反ったショートサムと呼ばれる添え方をするとグリップに隙間ができやすくなりますが、普段から指先を使う仕事やスポーツ、趣味をしている指先力が強くなりやすいのでそのような握り方になりやすいのです。この握り方がスイングを安定させるものであれば問題はありません。

インターロッキングで握って振った場合、絡めた左手の人差し指と右手の小指に痛みがある人は左手の親指と人差し指を支点にしている場合もありますから、オーバーラッピングにして左手の他の3本は添えているだけで力は入れないようにすることが大事になったりします。

左右のグリップの役割はいかにスムーズにクラブを振れるようにするかが大切なので中身のあるものにしていきたいものです。要はしっくりきたところで自分なりのキーワードをつくることが大切になるので、その感覚を自分の言葉で記録しておくことをお薦めします。

黒田正夫

Page Topへ