グリップから歪まないようにしよう

グリップから歪まないようにしよう

アマチュアの中でゴルフを毎日できる環境にある人は滅多にいません。つまり、ほとんどの方が久しぶりのゴルフとなるわけです。ラウンド数が少ない人ほど必ずチェックしてほしいことはグリップです。ボールが曲がることに敏感になり、アドレスの向きやフェースの向き、スイングを調整してミスショットを続けながらスコアをつくることはありません。今回は基本に立ち返ってグリップについてのお話です。

グリップは”クラブとの唯一の接点”と言われるように、自然なグリップをしていないとスイングを複雑にしてしまうことになり得るということです。
グリップの形をスクエアグリップやストロンググリップに真似て”握る”のではなく、自身のスイング論の出発地点がここにあるわけですから、自然体でクラブを”持つ”ことができるようになりましょう。

グリップによってアドレスが歪まないようにしましょう。自然体で握られたグリップは骨格に沿って握られているため、腕のねじれが素直な状態になっています。この状態をキープできるといいのですが、左手の力感が強いと左肩が上がったり、ねじると上体が右に向いたアドレスになります。逆に右手の力感が強いと右肩が被ったりするアドレスにもなります。

鏡でアドレスをチェックすると解りやすいのですが、ラウンド前や練習場であれば友人に背中から見てもらって肩や背中のねじれがないかチェックしてもらってください。ラウンド中のアドバイスはペナルティになるといったコンペや試合に近いシビアなラウンドでは聞けませんが、気軽なラウンドであればお互いをチェックしあうことはとても有意義なアドバイスとなりますので、ぜひお互いの成長のためにもご活用ください。

クラブを持つことは、感覚に頼るところが多い部分でもあります。どちらの手からグリップするかも自然に行われているのであれば、気にすることではありません。両手のバランスが取れる状態をベースに主導権になる方の手から握るようにしてください。自分の骨格や筋肉に沿った握り方こそが理想であり、グリップを“握る”から“持つ”ことに近づけることが出来ます。

アドレスの向きがズレやすい人は、クラブを持つ手を変えてみることも試してみましょう。アドレスで右に向きやすい人は左肩が被りやすく、左に向きやすい人は右肩が被りやすい傾向にあるため右に向きやすい人は右手から、左に向きやすい人は左手からグリップすると修正されてきます。
これをパッティングで利用してもいいでしょう。フックラインは左手から、スライスラインは右手からなど自分なりのマイ・セオリーを創るのも一興です。

黒田正夫

Page Topへ