スタートボタンを持とう

スタートボタンを持とう

久しぶりにゴルフに行くことになり、多忙な仕事の合間を縫って練習場へ駆け込むこんだ経験をお持ちの方も多いでしょう。クラブを持つ以上はパワフルな弾道を打ちたいと誰しも願うものです。
またカッコイイと思われるスイングをしたいと思うのもゴルファーの本能でしょう。そのためにはどうしたらよいかというお話です。

「自身にとっての正しいスイング」とはいったいどんなものでしょうか。
周りを見渡してみても同じスイングをするゴルファーは皆無と言っていいでしょう。つまりゴルファーの数だけ正しいスイングが存在するということにもなります。万人に共通する「正しい」と思われるスイングを求めがちですが、ゴルファーの数だけ正しいスイングが存在する以上、スイング中の意識の持ちようも様々なはずです。

それでは「自身にとっての正しいスイング」を確立するためにはどうしたら良いのでしょう。大切にしてほしいことは“気持ちよく・リズムよく・バランスよく”クラブが振れているかということだけです。そのためにはスイングの起点になるスタートボタンを探し出すことが必要になります。

スタートボタンは始動と切り返しの二点。クラブヘッドやグリップ、頭や目、肩や腰、ヒザなど様々な部位にセンサーを張り巡らせ、スムーズに始動できるところがどこなのかを探し出しましょう。トップからの切り返しについても同様に探し出してみましょう。
セオリーに囚われず、あくまでもスムーズな動きを目指してください。そして仕上げは、フィニッシュでバランスを保つようにしましょう。コースでは平らなところがありません。傾斜地でもバランスを保ったフィニッシュを取ることがミート率を上げることになります。

ラウンド最中にスイングのことを考えすぎて上手くいかず、何も考えず無心で打ったらナイスショットが出たといった人を見かけますが、いい意味でスイングのプロセスは考えず、ターゲットに集中して、振ればターゲットに飛ぶといったことができるようになることが実際にあります。
ただし、極めたと思った瞬間にその感覚はなくなっているものです。そうならないためにも、相当な練習量と弛まぬ努力をしてくださいとまでは言いませんが、ひとつないしふたつの起点となるボタンを持ち、フィニッシュではバランスを保つように尽力することこそが、久しぶりのゴルフで楽しくプレーする“コツ”になるでしょう。

ゴルフを常に楽しむためにも、どう振るか、スムーズに振れているかに集中し、そしてバランスの取れたフィニッシュを目指し、そのイメージに沿ったプレーに没頭しましょう。

黒田正夫

Page Topへ